menu
menu

特集

高橋一生主演『ロマンスドール』完成披露試写会 舞台挨拶レポート

タナダユキの小説『ロマンスドール』が、発表から10年を経て映画化。高橋一生×蒼井優のタッグに、タナダ自らが監督を務め1月24日に公開される。ラブドール職人の哲雄と、哲雄の一目惚れで結婚した園子。二人の結婚生活を描いた物語は、型破りな設定とセンセーショナルな展開で大きな話題を呼んだ。本作の完成披露試写会が2019年12月18日、新宿バルト9にて開催。監督・キャストが舞台挨拶に登壇し、作品への想いを語った。

高橋と蒼井の映画共演は、『リリイ・シュシュのすべて』以来19年ぶり。本作で主人公の哲雄を演じた高橋は、「ずっとご一緒したいと思っていたので、まさか夫婦になっていく関係性でご一緒できるとは」と喜びを語った。当時蒼井は14歳だったが、高橋は「僕はもう20歳過ぎていたので、撮影中の過ごし方が全然違うんですよね。僕は大人ぶって『ビリヤード行くか』なんて言ってましたから(笑)」と照れくさそうに当時の思い出を明かした。一方で、哲雄の妻・園子を演じた蒼井は、「あの頃私は、リリイとシュシュというカエルを捕まえて遊んでいました(笑)」と回顧。「当時ご一緒した方は地元の知り合いのように親近感を勝手に持っていて、いまでも『一生くん』と呼ばせてもらってるんですけど、途中で『すごい先輩なのに…』とハッと気づいて。いまでもおそるおそる『一生くん』と呼ばせていただいてます」と明かした。



劇中ではこの二人が、結婚したての頃の初々しい様子から、徐々にすれ違い、無関心になっていく様子まで、リアルな夫婦の距離感を演じている。蒼井との芝居について高橋は、「よく『会話はキャッチボール』と言われますけど、蒼井さんとはジャグリングのよう」と表現した。また、高橋の印象について蒼井は、「心でお芝居されることと、技術で持っていくことの両方できる方なので、無敵!と思いました。私は本当に一生さんのセリフを素直に聞いて、素直に返すっていうことだけをしていました」と語った。タナダ監督はそんな二人のシーンについて、「撮っていて毎日楽しかったです。いつも私の想像を超えてくれるので、何の心配もなく現場に行っていました」と、二人に全幅の信頼を寄せていたことを明かした。



本作で哲雄の上司・金次を演じたきたろうは、「お互いね、なんだか恥ずかしそうなんだよね。それがなんかいいんですよ、とってもリアルで。二人が恋に落ちる瞬間が本当にリアル!」と二人の美しいシーンを熱弁。チームのムードメーカーでもあるきたろうのあまりの熱心さに、会場からもクスクスと笑いがおこり、キャスト陣もつい顔を緩ませていた。

トークの途中で、映画にちなみ、「2019年についた小さなウソ、秘密にしていたこと」を尋ねられると、蒼井は「すごく考えたんですけど、ないかも。わりと正直に生きた1年だった気がします」とニッコリ。同じ質問に高橋は、「ずっと息を吐くように嘘をつき続けてきた三十数年間でしたが(笑)、最近は素直に『イヤなものはイヤ』と言うようになりました」と語り、蒼井と同様にウソのない1年だったと明かした。

タナダ監督は改めて、10年前に執筆した小説の映画化について「映画と小説は違うので、小説を読み返さないようにして作りました。当時書いていたときに足りなかったことをキャスト、スタッフがアイディアを出してくれて、自分が思っていたよりも豊かになったと思います」と充実した表情で振り返った。


左から:きたろう、三浦透子、高橋一生、蒼井優、タナダユキ監督


最後に高橋は、「この映画は、もう二度と戻ってこないものとどう折り合いをつけて生きていくか、ということが命題になっています。それでも日常は続いていくという“絶望”と“希望”、ほんのひとつの光明みたいなものを、みなさんが自分の人生と照らし合わせて、なかなか前に進めなくても、なんとなく進んでみるかと思える力になれるような作品になっていれば」と呼びかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

原作情報


『ロマンスドール』(角川文庫)
著者:タナダユキ
定価:648円(本体600円+税)
発売日:2013年6月25日
kadokawa.co.jp/product/321903000338/

映画情報


Ⓒ2019「ロマンスドール」製作委員会


『ロマンスドール』
脚本・監督:タナダユキ
出演:高橋一生 蒼井 優 
浜野謙太 三浦透子 大倉孝二 ピエール瀧 渡辺えり きたろう
配給:KADOKAWA
1月24日より全国公開 romancedoll.jp Ⓒ2019「ロマンスドール」製作委員会

story

哲雄(高橋)は、自身がラブドール職人であることを隠しながら、一目ぼれした園子(蒼井)と結婚。幸せな結婚生活を送っていたが、哲雄が仕事に没頭すればするほど、徐々に園子とすれ違ってしまう。そんなある日、園子が家出。久々に家に帰ってきた園子は、哲雄にある秘密を告白する…。


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年6月号

5月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第199号
2020年6月号

5月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

暴虎の牙

著者 柚月裕子

2

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

著者 出口 治明

3

カインの傲慢

著者 中山 七里

4

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者 梯 久美子

5

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

著者 加藤 文元

6

怪と幽 vol.004 2020年5月

著者 京極 夏彦 著者 小野 不由美 著者 有栖川 有栖 著者 恒川 光太郎 著者 近藤 史恵 著者 山白 朝子 著者 荒俣 宏 著者 小松 和彦 著者 諸星 大二郎 著者 高橋 葉介 著者 波津 彬子 著者 押切 蓮介 著者 東 雅夫

5/25~ 5/31 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP