これまで表舞台の正義を書いてきた柚月裕子が、悪徳警官の生き様を見事に描き切った『孤狼の血』。
警察ハードボイルドの第一人者である黒川博行と、ヤクザものの魅力について語り尽くす。

〈単行本刊行時に「本の旅人」2015年9月号に掲載されたインタビューを再録しました〉
画像

男らしい小説

黒川:今日、初めてお会いしましたけど、きれいな人でびっくりしました。

柚月:いえいえ(笑)。

黒川:『孤狼の血』の作者とは思えませんね。

書籍

『孤狼の血』

柚月 裕子

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2017年08月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『凶犬の眼』

    柚月 裕子

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2018年03月30日

    ネット書店で購入する