menu
menu

レビュー

人生をやり直す贖罪の旅――『7年』こがらし輪音著 書評

書評家・作家・専門家が新刊をご紹介! 本選びにお役立てください。

『7年』こがらし輪音著 書評

評者: 北上次郎

 おいおい、と思わず笑ってしまった。照夫が34歳のとき、部下のミスをカバーする案を上司に提案する場面である。「これは君自身の将来に関わることなんだぞ? 君の失態が社長の耳に届いたら、君の進退は一体どうなることか」と部長に言われて、「どうでもいいでしょう、あんな面倒臭いオッサン」とこの男は声をあらげるのである。あとで部下から「あの、課長、流石にさっきのはまずいんじゃ」と言われてしまうのだが、そのときの照夫の返事がサイコーだ。「かもな。明日の俺がちゃんと責任を取ってくれることを祈るよ」。ここで、おいおい、と笑ってしまったのである。
 これには少し説明が必要だ。照夫はタイムスリップを繰り返しているのである。しかもタイムスリップするたびに7年過去に飛ぶ。その過去に滞在するのは1日だけ。夜の12時を過ぎるとまた7年前に飛ぶ。48歳から始まって、最後は0歳。これはそういう小説だ


7年
著者 こがらし 輪音
定価: 1,760円(本体1,600円+税)


 過去に飛ぶたびに彼は自分の過ちを訂正する。妻にやさしくなり、息子の話を聞き、部下の言い分に耳を傾ける。それまでの照夫がまったくしてこなかったことだ。48歳の照夫はリストラ寸前にあり、妻は浮気し、子供たちは言うことを聞かず家庭は崩壊していた。どうしてそうなってしまったのか、照夫にはわからない。確実なのは、それまでの人生のあらゆる局面で照夫が間違ったほうを選択していた、ということだ。だから、その結果としてこうなってしまった。そういうときに、突如としてタイムスリップが始まるのである。つまり、彼にとって人生をやり直すチャンスだ。これまでとは逆のことをすればいい。いや、しなければならない。というわけで、贖罪の旅が始まっていく。
 34歳のときに部下をかばうのも、そういう再チャレンジ人生のためにほかならない。はたして照夫の再チャレンジはうまくいくか——という小説だから、これは中年男の夢の小説ともいえそうだ。
 48年間も生きてくれば、照夫ほど状況がひどくなくても、誰ひとりの例外もなく、未練と後悔を抱えている。実際の人生で私たちは、それまでの生をやり直すことは出来ない。しかし、もしやり直し出来るならば、どうするか。この設問は素晴らしい。中年以降の読者なら誰もがくらくらする。
 7年飛ぶ、というのがいい。あの瞬間に戻りたい、という希望は聞いてもらえないのだ。過去に飛ぶのは7年置き。しかも滞在できるのは1日だけだから、やり直すことも限られてくる。さあ、どうする? そう思いながら、ページをどんどんめくっていくのである。

作品紹介



7年
著者 こがらし 輪音
定価: 1,760円(本体1,600円+税)

目覚めると7年前。俺はタイムリープで人生を変えられるか?
これぞ新しいタイムリープノベル。
電撃小説大賞受賞の著者が贈る感動作!

2020年10月、新型コロナウイルスが蔓延し世界が混迷を深める中、上司や部下にも見放され、家庭も崩壊――。何もかもうまくいかず、ついに急性肝炎で入院してしまった五百旗頭いおきべ照夫は急激な立ちくらみに襲われ、目覚めるとなぜか7年前の世界に戻っていた。やがて、1日を経るごとに7年前にタイムリープすることに気づいた照夫は、自身が起こしてきた過去と向き合っていく……。自分はどこで間違ってしまったか? そして未来を変えることができるのか? 
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322105000258/


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年11月号

10月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2

君の顔では泣けない

著者 君嶋彼方

3

テスカトリポカ

著者 佐藤究

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

著者 くぼしまりお

2021年10月10日 - 10月17日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP