menu
menu

レビュー

【レビュアー:岸田繁】いわゆる“怪談本”のような生易しいものではない『怖い顔の話』

 子供の頃にお化けが怖かったのも、多分「怖い顔」を恐れていたからなのかなぁと思ったりする。幼年時代の私にとってはナマハゲや鬼なんかよりも、とにかく能面が怖かった。のっぺら坊なんていうのも怖かった。
 顔を見て、気持ちがわからない、ということはとても怖いことだ。気持ちがわかると、どんなに怖い顔も怖い顔ではなくなる。そんなことを思った。ただ、気持ちがわかったからといって安心してはいけない。それはなにも顔だけではなくて、身の回りを取り囲むさまざまな現象についても同じことだ。
 それにしても、人の人生は生まれて死にゆくまでの道のり。怖いことの連続である。何がって、わからないことは怖いことだから。著者は、その最果てで、不思議な体験を重ねに重ね、この本には多くのエピソードが記されているという。
 私は恐る恐るこの本を開いて読んだ。それはそれは、怖い話のオンパレードではあったのだが、著者は人肌の温度感と距離感で「怖い顔」たちと向き合う。大人になっても、怖いことだらけだと思った。そして、あとがきに少し救われた。

>>工藤美代子『怖い顔の話』


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2

闇祓

著者 辻村深月

3

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

4

テスカトリポカ

著者 佐藤究

5

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

6

「ふつうの家族」にさようなら

著者 山口真由

2021年11月14日 - 11月21日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP