元セクシー女優として50本以上の作品に出演し、引退後は現役のソープランド嬢として今も働く長谷川瞳さんが新刊『ヒアリングセックス』を上梓しました。
長谷川さんはこの本を書いた最大の理由を「贖罪を果たすため」と言います。今回、カドブンでは『ヒアリングセックス』から本文を引用する形で記事化し、シリーズにて長谷川さんの思いをお届けいたします。

>>#1 私が贖罪としてセックス指南本を書いた理由
>>#2 セックスの最中に「演技」を続けた女性の末路

写真/渡辺愛理
画像

●本当のあなたはS? それともM?

 
「SかMかでいえばどっち?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか? 飲み会などでは定番の話題かもしれませんよね。今日もどこかの合コン現場で、きっと同じ質問がされていることでしょう。
 そして、「俺、超ドSだから」なんてしたり顔で答える男性もたくさんいるはずです。でも、本当にそうなのでしょうか? 「男はSのほうが格好いい」「Mは恥ずかしい」という妙な思い込みからそう発言し、「S」という仮面を着けることで自分を守っているだけではないですか? なかには、若くて性経験が少ないために、自分がSなのかMなのかわかっていないまま、Sを語っている人もいるでしょう。
 多くの人が勘違いしていますが、言葉遣いや振る舞いがただ乱暴な人がSというわけではないのです。逆に、女性の場合は、Mのほうが男性ウケがいいと思っている人が多いですよね。
 セックスに関するコミュニケーションを取るうえで、正直であること、素直であることは本当に大切なこと。「俺ってもしかしたらMなのかな?」と感じるのならば、パートナーに素直にそう伝えたほうがセックスをもっと楽しめるようになりますよ。それも、「俺はMだ」と言うのではなく、「自分でははっきりわからないけど、Mかもしれない」と正直に伝えるべきです。
 自分のS気質を感じながらも、Mを語る女性もいますぐに考えをあらためましょう。だって、本当はSなのに、男性ウケを気にするばかりにMのふりをしてセックスをしなければならないなんて、そんな苦痛なことってないじゃないですか。SとMには、格好いいも格好悪いも可愛いも可愛くないもありません。もっと言えば、SとMのどちらかに二分する考え方もなくしてしまったほうがいいでしょうね。
 多かれ少なかれ、誰もがSとMのどちらの気質も持っているのですから、その日の気分によって責めたり責められたりして楽しめばいいのです。Mだという女性がたまにSっぽい表情を見せれば男性はゾクッとしますし、Sッ気の強い男性がいつもとちがってMっぽい振る舞いを見せてくれれば女性は可愛いと思うものですよ。愛するパートナーとのセックスには嘘は禁物。素直に、正直になれば、もっといいセックスができるようになり、もっと強い快楽を得られるようになります。
 

書籍

『ヒアリングセックス』

長谷川 瞳

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2018年10月19日

ネット書店で購入する

    書籍

    『AV女優、のち』

    安田 理央

    定価 950円(本体880円+税)

    発売日:2018年06月09日

    ネット書店で購入する