10月11日(木)発売の「小説 野性時代」2018年11月号では、赤川次郎「鼠、無名橋の朝に待つ」の連載がスタート!
カドブンではこの新連載の試し読みを公開します。

>>「鼠」シリーズ特設サイトへ
画像
凍えそうな夜更けに急病の患者を診た帰り道、橋の上に人影が――?
江戸一の人気を誇る義賊、〈鼠小僧〉が待望の再登場!

 
 

   朝まだき

 体の芯まで冷え切ってくる朝だった。
 どうして雪にならないのかといぶかるほどの寒さの中、霧のような雨が降っていた。傘をさしても、細かい雨にはほとんど役に立たず、雨にまとわりつかれたように体中が濡れていた。
「ごめんなさいね、次郎吉じろきちさん」
 と言ったのは、女医の千草ちぐさである。
「いやなに……。それより、千草さんこそ夜っぴて患者を診ていなすったのに……」
「それは医者の役目ですもの。わざわざ次郎吉さんにご案内をお願いしたばっかりに」
 二人とも、声はささやくようだった。話しながら吸い込む空気が凍えるように冷たかったのだ。
 冬の遅い夜明けで、やっと辺りが見えてくる程度の明るさだった。
 夜、突然の使いで、急な発作を起したという患者に、千草の父、仙田良安せんだりょうあんは自分が風邪をひいて寝込んでおり、次郎吉とその妹、小袖こそでの所で鍋をつついていた千草へと、助手のおくにを走らせたのである。
 行先を聞いて、千草には不案内な辺りというので、
「兄さん、案内しておあげなさいよ」
 と、小袖が兄をつついた。
「ああ、いいとも」
 ちょっと酒も入っていて、次郎吉は気軽に腰を上げたが……。
 夜明け近くになって、やっと静かに眠った患者のもとからの、この帰り道。
「お国ちゃん、大丈夫なの?」
 と、千草が薄着のお国を気づかうと、
「百姓はこんな寒さぐらい、どうってことありません」
 と、いつもながら元気のいい少女である。
「次郎吉さん」
「何だ」
「千草先生をしっかり抱いてくといいですよ。あったまるし」
「よせ。そんなことできるか」
 と、次郎吉はお国をにらんだ。
「さあ、もう少しだわ」
 と、千草が白い息を吐く。
「あれ?」
 と、お国が、「橋のとこに誰かが……」
「橋?」
 ずいぶん古びた橋である。下の堀の水に細かく雨がけぶっていた。
 その橋の中ほど、誰かがうずくまっているようだ。
「よく見付けた」
 と、次郎吉が言った。「具合が悪いにしても、傘もなしで、あれじゃ凍え死ぬ」
「本当ですね」
 さすがに千草は寒さも忘れたように足を速めて、橋へと急いだ。むろん次郎吉も遅れずに続く。
「まあ……」
 千草が思わず息を呑んだのは、うずくまっているのが、二十歳はたちになるかどうかの町娘だったからで、顔は紙のように白い。
「息は?」
 次郎吉が千草の傘を持ってさしかける。千草はその娘のそばにしゃがみ込んで、娘の手首の脈を取った。
「打っていますが、弱いわ。凍え切っている。急いで診療所へ運ばないと」
 次郎吉は、
「お国!」
 と、大声で、「診療所へ走れ! 湯を沸かしておくんだ!」
「はい!」
 お国が駆け出して行く。次郎吉は二本の傘を千草へ渡すと、
「この娘をおぶって行きます。千草さんは後から」
「はい! お願いします。私も走ります」
 次郎吉は娘を背中におぶった。そして、お国の後を追って走り出した。

「生き返ったぜ……」
 と、次郎吉はつぶやいた。
 診療所の風呂に浸かっていた。あの霧雨の中、冷え切って意識のない娘を、ここまでおぶって来た。
 そして、凍え切った体を、熱い風呂に浸しているのだ。
 しかし――次郎吉はこうして風呂に入っていられるが、千草もお国も、休みもせず、あの娘を助けようと頑張っている。
「かなわねえな、千草さんにゃ」
 と、手拭いで顔を拭きながら呟くと、戸がガラッと開いて、
「何がかなわないの?」
 と、顔を出したのは、妹の小袖。
「おい! 覗くな!」
「兄さんの裸なんて見慣れてるわよ」
 と、小袖は言った。「ここからお使いが来たの。兄さんの着るものを持って来たわ。ここに風呂敷に包んで置いとくからね」
「分ったよ」
「ごゆっくり」
 と、小袖は言って戸を閉めた。

「どんな具合?」
 と、小袖は奥の部屋を覗いた。
「小袖さん。わざわざ悪いわね」
 と、千草は言った。
「いいえ。兄さんはあれでも丈夫だから。人助けも好きだし」
「よく知ってるわ」
 お国が、布団に寝かした娘の裸の体を、せっせとこすっている。
「――橋の上でうずくまってたって?」
 と、小袖は言った。
 脱がせた着物が広げてある。――上等な品だ。
「どこか、いい家のお嬢さんのようね」


(このつづきは「小説 野性時代」2018年11月号でお楽しみください)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

赤川次郎の隠れた名作を一挙6作復刊! 角川文庫創刊70周年「今こそ読みたい 赤川裏名作フェア」開催!"

関連記事

赤川次郎の隠れた名作を一挙6作復刊! 角川文庫創刊70周年「今こそ読みたい 赤川裏名作フェア」開催!

映画狂・赤川次郎が東西の名作映画をモチーフに描く珠玉の短編集『埋もれた青春

関連記事

映画狂・赤川次郎が東西の名作映画をモチーフに描く珠玉の短編集『埋もれた青春 懐かしの名画ミステリー』

レビュアー:三橋 曉

この〈懐しの名画ミステリー〉シリーズも、本作が第三集となる。『血とバラ』、『悪魔のような…

犯人の意外さではシリーズ随一!オールスターキャストでお送りする名篇。"

関連記事

犯人の意外さではシリーズ随一!オールスターキャストでお送りする名篇。

レビュアー:山前 譲

まさかホームズが卒業論文を書き上げたの? いや、いくら驚異的な推理の才能を見せているとは…

書籍

「小説 野性時代 第180号 2018年11月号」

小説 野性時代編集部

定価 860円(本体796円+税)

発売日:2018年10月12日

ネット書店で購入する

    書籍

    『鼠、江戸を疾る』

    赤川 次郎

    定価 562円(本体520円+税)

    発売日:2009年12月25日

    ネット書店で購入する