世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた、極上のクライムサスペンス映画『ウインド・リバー』
 雪深いアメリカの土地“ウインド・リバー”に突如見つかった少女の死体―-。心に傷を抱えた孤高のハンターを演じるジェレミー・レナーと新人FBI捜査官役のエリザベス・オルセンが共に事件を追うがそこには思いもよらなかった結末が……。
画像
 7月19日(木)千代田区富士見・神楽座にて、米映画『ウインド・リバー』の一般試写会が行われました。本作は、現在のアメリカが抱える“闇”を、衝撃的なストーリー展開で描出した話題作。第70回カンヌ国際映画祭の〈ある視点部門〉で、監督賞を受賞しました。上映後、20時30分からのトークイベントには、「アメリカ先住民がアメリカでどのような立場に置かれているか、多くの人に知ってもらいたい」という、ジャーナリストの池上彰氏が登壇。
 池上さんといえば、わかりやすいニュース解説でおなじみですが、最近は映画の解説をする仕事も増えてきたそうで、「いろいろな映画を観るんですが、観ているとですね、ここはちょっと説明を加えたほうがわかりやすいんじゃないかとかムラムラと……、説明したくなる病です(笑)」
 この日も「補助席を準備した」ほどの大入りの観客を前に、早くも説明したくてウズウズ? まずは映画の舞台となったワイオミング州のウインド・リバーという場所確認から、池上解説がスタート!
画像

“逆さまの星条旗”が意味するもの

――ここにアメリカの地図のパネルがあるんですが、ワイオミング州というのはちょうどアメリカの真ん中あたりなんですね。

池上彰:アメリカの中西部ですね。その中のウインド・リバー地区。ここはアメリカ先住民の居留地なんです。北緯でいうと北海道あたりですから冬はあれだけ深い雪に覆われる。夜はマイナス30度にもなるんですね。夏は乾燥していて、さわやかでいいんですけど。
画像
――アメリカ先住民が住んでいる土地ですか。

池上彰:というと、正確ではないですね。アメリカという国がどうやってできたのか。アメリカには先住民がもともと住んでいたわけでしょう。17世紀から18世紀前半、そこに宗教的に弾圧されたイギリス人たちが植民してきて、まず北米の東海岸に13のイギリスの植民地ができた。彼らはインディアンを追いやり、西へ西へと領土を拡大していったんです。映画に出てきた先住民は、たまたまウインド・リバーに押し込められただけで、最初からあそこに住んでいたわけじゃないんですよ。
 それに本来「インディアン」じゃないですよね。これ、皆さんご存じのようにコロンブスがヨーロッパから西へ行けばインドに到達するだろうと西へ進んだらアメリカ大陸にぶつかった。ここがインドだと思い込んで、住んでいる人たちをインディアン=インド人と呼んだ。でもインドではなかったので「アメリカン・インディアン」と呼ばれるようになったんですけど、そもそもインディアンじゃない、先住民と呼ぶべきだということで、いまは「ネイティブ・アメリカン」という呼称になっています。
 さらに言えば、私たちは「1492年、コロンブスがアメリカ大陸発見」と習ったんですけど、コロンブスが発見する前から先住民はいたわけですから。今の教科書では「コロンブスのアメリカ到達」になっています。
――そう考えたら、ひどいですね。

書籍

『知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治』

池上 彰

定価 929円(本体860円+税)

発売日:2018年06月09日

ネット書店で購入する