6月9日(土)丸善・丸の内本店にて、三浦しをんさんの最新刊『ののはな通信』の刊行を記念したトーク&サイン会が開催されました。三浦さんと共に登壇したのは、約10年前に新聞の読書委員を務めた時に出会い、それ以降親交を深めてきたノンフィクション作家の梯久美子さん。『ののはな通信』の創作秘話にくわえ、梯さんの感想や、それぞれの学生時代の思い出など友人ならではの赤裸々な「ガールズトーク」を披露してくださいました。大いに盛り上がった会の模様をレポートします!
画像

和やかなムードの中、漫才のような掛け合い

会場となった丸善・丸の内本店 日経セミナールームには、約3年ぶりとなる三浦さんの新作を心待ちにしていたたくさんのゲストが集まりました。見渡してみると女性9割、男性1割という感じ。圧倒的に女性が多いのは、『ののはな通信』が少女たちの長年の絆を描いた作品ということにも関係しているかも……などと考えていたら、おふたりが登場しました。

まずは、出会いの場である新聞の読書委員時代の話からスタート。読書委員は大学教授などお堅い職業のメンバーが多く、三浦さんと梯さんは同性の作家同士ということで、お互いの存在を心強く思っていたのだとか。また、競馬場へ出かけたり、お酒を飲みながら著書の感想を伝え合ったりと、プライベートでも親睦を深めてきたそうです。

トークは、長年インタビュアーとして芸能人や作家の取材をしてこられた梯さんがリードする形で進んでいきました。「さて、そろそろ本の話をしましょうか。すでに『ののはな通信』を読んだという方はいらっしゃいますか?」とゲストに問いかける梯さん。2割くらいの方が手を挙げました。

「やっぱりこれから読むという方がほとんどですね。ネタバレしないように気をつけなくちゃ」と梯さんが茶目っ気たっぷりに言えば、「ネタバレなんて気にしなくていいですよ。最後には、主人公が死にますからね!」とジョークを飛ばす三浦さん。漫才のような楽しい掛け合いに、会場は笑いで包まれました。

太宰治の『女生徒』にインスパイアされた長編

『ののはな通信』は、頭脳明晰でクールな「のの」こと野々原茜と、外交官の家庭に育った天真爛漫な「はな」こと牧田はなはというミッション系の高校に通う女子高生が主人公。親友から恋人へと進展したふたりは、ある出来事が原因で別れることになります。卒業後はすっかり疎遠になり、再びメールを交わすようになるのは40代になってから。長い年月を経てなお色あせない愛と絆を描いた作品です。以下、当日のおふたりのやりとりです。
画像
梯:雑誌のインタビューで読んだのだけど、最初「三島由紀夫っぽい作品を書いてほしい」というオーダーを受けて書き始めたんですよね?

三浦:そうなんですよ。編集さんに「女の子が主人公の、三島由紀夫っぽい作品をお願いします」と言われて、「わかりました」とは言ってみたものの何もわかっていなかったという(笑)。いろいろ考えるうちに、太宰治の『女生徒』みたいな作品にすればいいかな? と勝手に解釈しまして、書簡体小説を書き始めたんです。女の子って手紙やメモをよく書くじゃないですか? だからちょうどいいなと思ったんです。私も中学高校時代、毎日会っている友だちに、授業中メモを書いて回したりしていた。なぜあんなに書くことがあったのか不思議です(笑)。
梯:わかる! 私もしょっちゅう書いてました。大学時代の親友に、「昨日買った洋服、すごく似合っていたよ」とか。一緒に買い物に行って、その時も感想を伝えているのによ? なぜあんなに手紙を書いていたんだろう?(笑)。

三浦:たぶん女って、誰かと共有した出来事をもう一回言葉にして味わいたいと思うんですよ。きっとそう!

梯:おお、なるほどね(笑)。

書籍

『ののはな通信』

三浦 しをん

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年05月26日

ネット書店で購入する