いよいよ今週末5月12日(土)に公開となる映画「孤狼の血」。カドブンでは、<映画「孤狼の血」公開カウントダウン短期集中連載>として、「孤狼の血」情報をお届けします!
>>公開記念特集③ 『孤狼の血』特別展、紀伊國屋書店新宿本店にて開催中!

5月12日(土)の映画公開に先駆けて、東京・有楽町の日本外国特派員協会(FCCJ)で、試写会後の記者会見に監督の白石和彌、原作者の柚月裕子が登壇した。
画像
原作は、第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子のベストセラー『孤狼の血』(角川文庫刊)。「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された小説を白石和彌監督が映画化。暴対法成立以前の昭和63年の広島。捜査二課の新人・日岡秀一(ひおかしゅういち)(松坂桃李)は、ヤクザとの癒着が噂される刑事・大上章吾(おおがみしょうご)(役所広司)とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。違法捜査も辞さない大上に戸惑いながらも、日岡は経験を積んでいくが、失踪事件を機に対立する暴力団組同士の抗争が激化していくーー。

会見で、アメリカ人記者に「この作品を通して一番伝えたかったことは何か?」と聞かれると、白石は「人間にとっての正義とは何か。そして昭和63年という昭和最後の年に、この時代を強く生きてきた男たちを、大上のキャラクターを通して見せたいと思った。」と答え、柚月は「世界共通である、人が生きる姿。生きることは誰もがつらいですが、生き残ることのすごさを書きたいと思いました」と語った。
画像
最後に、「原作は3部作ですが、続編を映画化するなら監督は白石さんにお願いしたいですか?」と聞かれた柚月は「もちろんです!」と即答。柚月に「もし続編の話があったらお引き受けくださるんですか?」と聞かれると白石は「もちろんです!断る理由が何もないです!」と快諾。柚月が「相思相愛です!」と言い、会場は拍手に包まれた。

原作『孤狼の血』もすでに海外展開が進んでおり、現在台湾版が発売中。(出版:台湾角川)
>>台湾角川書誌紹介ページ
画像
今後は、6月にフランス語版が発売予定。カバーには劇中の写真が使用されている。(出版:Atelier Akatombo)
画像
映画「孤狼の血」は5月12日(土)より全国公開。

書籍

『孤狼の血』

柚月 裕子

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2017年08月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『凶犬の眼』

    柚月 裕子

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2018年03月30日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『映画「孤狼の血」 公式ビジュアルガイドブック』

      定価 1058円(本体980円+税)

      発売日:2018年03月30日

      ネット書店で購入する