2015年の第22回日本ホラー小説大賞にて、ホラー大賞史上初めて予備選考・最終選考ともに全選考委員がA評価をつけた澤村伊智氏の『ぼぎわんが、来る』(受賞時タイトル「ぼぎわん」)。ホラー小説界のみならずエンタメ界で話題をさらった本作が、ついに文庫化されました。また、本作は鬼才・中島哲也監督による映画化(映画タイトル「来る」/公開 2019年/配給 東宝)も決定しています。今回は文庫化&映画化を記念して、澤村氏にデビュー作を振り返っていただきました。
>>2月号 ラインナップはこちらでチェック
画像

──デビュー作である『ぼぎわんが、来る』ついに文庫化されました。単著では初の文庫になりますが、やはり“文庫”というのは特別に感じられますか?

澤村:このご時世、単行本が必ずしも文庫になるわけではないと考えていたので、特別というより「関門を突破した」と感じました。これを機会により多くの人に読んでもらえればいいなと思っています。

──本作は第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作です。様々なインタビューでもお答えいただいているかと思いますが、賞に応募したきっかけを教えてください。

澤村:友人数人と自作の小説を見せ合う、という小さな集まりに参加していました。そこで初めて長編を書き、欲が出て公募に出してみたのが『ぼぎわんが、来る』の応募原稿です。受賞するとは想定しておらず、それどころか発表するつもりで書いたものですらなかったので、受賞の連絡が来た時は「何かの間違いだ」と思いました。

──初長編で受賞というのは本当に珍しいケースだと思います。『ぼぎわんが、来る』は物語構成(ここはネタバレになるので言えませんが)も巧みですが、キャラクターも魅力的ですね。特に作中の重要人物である比嘉姉妹は、のちの『ずうのめ人形』『ししりばの家』にも登場しています。彼女たちはどのように生み出されたのでしょうか。

澤村:姉の琴子のキャラクターは小説を書く前から妄想していました。『ぼぎわんが、来る』を書く1年前、友人に読ませる用の40枚くらいの短編に、琴子ではない霊能力者を脇役で出す必要に迫られて造形したのが妹の真琴です。髪の色は『ぼぎわん~』とは違って銀色だったと思います。『ぼぎわん~』を書くにあたって「真琴は使えそうだ」「この際だから琴子も出しておこう」と登場させました。

──良いキャラが生まれたから、「シリーズにしよう!」という目論見は『ぼぎわん~』の頃からあったのでしょうか。

書籍

『ぼぎわんが、来る』

澤村 伊智

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『ずうのめ人形』

    澤村 伊智

    定価 1782円(本体1650円+税)

    発売日:2016年07月28日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『ししりばの家』

      澤村 伊智

      定価 1728円(本体1600円+税)

      発売日:2017年06月29日

      ネット書店で購入する