menu
menu

ニュース

本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱。深緑野分『この本を盗む者は』PV公開&カバーデザイン完成! 「呪われて、読む。そして書く――私たちは!」作家・森見登美彦さん 推薦!

本日9月10日(木)、KADOKAWAは、深緑野分(ふかみどり のわき)さんの最新小説『この本を盗む者は』(10月8日発売)のPVを公開しました。
注目の作家による本泥棒と2人の少女の物語です。ご注目ください。


【「このぬす」TOPICS】※「このぬす」は本書の通称です。
1.『四畳半タイムマシンブルース』が話題の作家・森見登美彦さんが本書を推薦!
「呪われて、読む。そして書く――私たちは!」
2.深緑さんの著作でははじめての試み。装画はコンペで決定!
審査委員長でもある装丁家・鈴木成一さんがデザインを担当し完成しました!

https://kadobun.jp/news/press-release/151sh6cuyuo0.html
3.書店と書庫が集まる「読長町(よむながまち)」の地図も掲載した特設サイトがオープン!
https://kadobun.jp/special/konohon/
本書に関するニュース配信も随時アップしていきますので、発売までどうぞお楽しみに!

『この本を盗む者は』について


深緑野分『この本を盗む者は』KADOKAWA


「ああ、読まなければよかった!これだから本は嫌いなのに!」

【STORY】
書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。
“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”

本の呪い(ブックカース)が発動し、街は物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り元に戻らないと知った深冬は、私立探偵が拳銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。

「それは、深冬ちゃんが“今読むべき本に呼ばれた”んじゃないのかな」

【書誌情報】
著者:深緑野分
発売:2020年10月8日(木)予定
※電子書籍同日配信予定
定価:本体1,500+税
装丁:鈴木成一デザイン室
装画:宮崎ひかり
判型:四六判上製
頁数:344頁予定
ISBN:9784041092699
初出:「文芸カドカワ」2018年8月号~2019年6月号
発行:株式会社KADOKAWA
★情報ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/321912000257/

著者について  深緑野分(ふかみどり のわき)


撮影:土佐麻里子


1983 年神奈川県生まれ。2010 年「オーブランの少女」が第7 回ミステリーズ!新人賞佳作に入選。13 年、入選作を表題作とした短編集でデビュー。15 年に刊行した長編小説『戦場のコックたち』で第154 回直木賞候補、16 年本屋大賞7 位、第18 回大藪春彦賞候補。18 年刊行の『ベルリンは晴れているか』では第9 回Twitter 文学賞国内編第1 位、19 年本屋大賞第3 位、第160 回直木賞候補、第21 回大藪春彦賞候補となった。


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP