menu
menu

ニュース

千早茜×宇野亞喜良『鳥籠の小娘』刊行記念トークイベント&サイン会決定!

1月31日(木)に『鳥籠の小娘』(文・千早茜、絵・宇野亞喜良)を発売いたしました。千早茜さんの幻想を宇野亞喜良さんの描き下ろしイラスト15点が彩る、孤独と自由を描いた大人のための絵本です。こちらの刊行を記念して、おふたりによるトークイベント&サイン会を開催いたします。また、イベントに参加された方には特典として、宇野亞喜良さんのイラストを使用したオリジナルポストカードをプレゼントいたします。

【トークイベント&サイン会】千早茜×宇野亞喜良

『鳥籠の小娘』(KADOKAWA)刊行記念

幸福の鳥籠を探して

日時:2月18日(月)19:30~21:00
場所:銀座 蔦谷書店 イベントスペース
参加条件:銀座 蔦屋書店にて、書籍付きイベント参加券をご予約・ご購入いただいた方にご参加いただけます。
※書籍はイベント当日にお渡しいたします。
お申し込み方法など、詳しくはこちらをご覧ください。
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/4646-1453080129.html

あらすじ:
村はずれで「幸福が宿る鳥籠」を作る娘はひとりぼっち。 嵐の晩、彼女のもとへやってきた魔物が「さびしい小娘よ」とささやきますが――。自由な心は誰にも奪えない。 ままならない世界の拠り所となる大人の絵本。
著者:文・千早茜/絵・宇野亞喜良
ISBN:978-4-04-106607-2
発売日:2019年1月31日(木)
定価:本体1,600円+税
https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000607/

千早茜(ちはや あかね)

1979年、北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。小学生時代の大半をアフリカ・ザンビアで過ごす。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作で泉鏡花文学賞も受賞。13年『あとかた』で島清恋愛文学賞受賞。同年『あとかた』、14年『男ともだち』で直木賞候補となる。他の著書に『おとぎのかけら 新釈西洋童話集』『あやかし草子』『からまる』『眠りの庭』『西洋菓子店プティ・フール』『夜に啼く鳥は』『ガーデン』『人形たちの白昼夢』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(尾崎世界観と共著)など多数。エッセイに『わるい食べもの』がある。

宇野亞喜良(うの あきら)

1934年、名古屋生まれ。名古屋市立工芸高校図案科卒業。1950年代から挿絵、広告、絵本などのイラストレーションの仕事に従事、また舞台美術など多方面で活躍する。主な受賞に82年講談社出版文化賞さしえ賞、89年サンリオ美術賞、2015年読売演劇大賞選考委員特別賞など。1999年紫綬褒章、2010年旭日小綬章受章。絵本に『カエルの王さま』(江國香織・文)『あのこ』(今江祥智・文)『おおきなひとみ』(谷川俊太郎・文)『Ⅹ字架』(穂村弘・詩)『2ひきのねこ』など多数。作品集に『宇野亞喜良クロニクル』などがある。17年アーティストグッズブランドQXQXを立ち上げる。


カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP