menu
menu

ニュース

特集「その境界を越えてゆけ」エンタメ電子小説誌「カドブンノベル」1月号(12月10日)発売!

エンタメ小説誌「カドブンノベル」1月号を配信しました。(2019年12月10日発売)



カドブンノベルとは

2019年8月に「文芸カドカワ」をリニューアルする形で創刊する大人のエンタテインメント小説誌。
「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売。最新号は毎月10日配信予定。
価格:300円+税(希望小売価格)
公式HP:https://kadobun.jp/novel/new-magazine.html (スマホ対応)
★また、「カドブンノベル」の連載は文芸WEBマガジン「カドブン」に分割配信されます。
まとめて読みたい方、待ちきれない方は「カドブンノベル」をご購入下さい。

今月のおすすめ

★特集「その境界を越えてゆけ」



境界線の先には、何が見えるのか。
自分で引いた線から自由になるためには。
ほんのちょっと軽やかに、
少しでも居心地よく生きるためには。
エンターテインメントの想像力には、無限の可能性があります。

小説
彩瀬まる/王谷晶/河野裕/こざわたまこ/近藤史恵/白尾悠/高殿円/津村記久子/寺地はるな/似鳥鶏/深沢潮/古内一絵/宮内悠介

エッセイ・読み物
佐藤亜紀/オカヤイヅミ/はらだ有彩/ぬまがさワタリ/出張版 野性歌壇

★新連載 月村了衛「白日」



千日出版の教育部門で課長を務める秋吉に衝撃的な情報が入った。
事業を率いる局長の息子が、謎の転落死を遂げたというのだ……。
第10回山田風太郎賞受賞作家、最新作!

著者より
『白日』、いよいよ連載開始となります。これは一体どういう小説なのか。
人間、生きて行くと色々あります。職場において、ときにはのっぴきならない選択を迫られることもあるでしょう。仕事か、家庭か。企業利益か、社会正義か。そうした状況に直面したとき、人はどう動くのか。あるいは動こうともしないのか。
これはあなたの物語であり、私の物語であります。そしてなにより、今の日本が直面している問題でもあります。
社会のありようを切り取ってみせる――それができれば本望です。
編集部より
先日、『欺す衆生』で第10回山田風太郎賞を受賞した月村了衛さん、新連載です!
舞台は、教育関連の事業部を有する出版社。ある一大プロジェクトが進む中、主人公に衝撃的な情報が入ります。
真実がどこにあるのか不明な中、隠蔽を図るかのような会社上層部。管理職としてミッションや部下を守らねばならない状況と、亡くなった子を知っていた者としてあるべき感情に引き裂かれながら主人公は奮闘します。
組織の論理の中、いかに「人間」でいられるか――。主人公は、そしてあなたは、どう生きますか。
「人としてのありかた」に奥深く潜りながら、先が気になる展開に翻弄されるどエンタメ、開幕です。

今月のラインナップ

小説
赤川次郎/榎田ユウリ/櫛木理宇/小林泰三/真藤順丈/竹宮ゆゆこ/谷村志穂/中山七里/藤井太洋/藤野恵美/増田俊也/三羽省吾/宮木あや子/夢枕獏/米澤穂信

エッセイ・読み物
井上純一/今野敏/酒井順子/でんすけのかいぬし


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP