menu
menu

ニュース

新書大賞2020第1位『独ソ戦』著者最新刊『戦車将軍 グデーリアン』角川新書より3月7日発売!

「電撃戦」など存在しなかった!! これまでの俗説を一掃する決定的評伝。

KADOKAWAは、2020年3月7日(土)に『独ソ戦』で新書大賞2020第1位を獲得した大木毅、新書新刊『戦車将軍 グデーリアン』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000083/)を発売します。



WWⅡを席捲し、「電撃戦」の生みの親と畏怖された名将。欧州を征服し、伝説となった戦車将軍の仮面を剥ぐ軍事史!! ドイツ装甲部隊はいかにしてつくられたのか? ――いま、その真相が明らかとなる。
WWⅡの緒戦を華々しく飾ったドイツ装甲集団を率いた著名な将軍にして、「電撃戦」の生みの親とされ、連合軍からも「名将」と畏怖された男、グデーリアン。ところが、「電撃戦」というドクトリンは存在しなかったことが今では明らかになっている。ロンメル同様、日本のグデーリアン研究は遅れていた。
いまでは否定されている数十年前に人口に膾炙した伝説が、未だに独り歩きしているのだ。
彼は国粋主義者だった。が、純粋な愛国者だったのか、それともナチの賛同者だったのか?
ヒトラー暗殺計画にどこまで与していたのか?
欧州を征服した男の仮面を剥ぐ、最新学説による一級の評伝!
「砂漠の狐」ロンメル』に続き、軍事史研究の最前線が明らかに!!
神話は打ち破られる。

回想録『電撃戦』には描かれなかった“事実”
■第一次世界大戦まで、グデーリアンは戦車に関心がなかった
■第一次世界大戦後、ラトビアで起きたドイツ義勇軍の蛮行に目をつぶっていた
■グデーリアンはヒトラー政権の犯罪を黙認していた
■実はヒトラー暗殺計画に誘われていたが、日和見の立場をとった
■『電撃戦』の英語版には、ドイツ語版にない〝ある文章“が加えられた
etc.

大木毅さんコメント

初学者がヨーロッパの第二次世界大戦の歴史を知ろうとするとき、適当な邦語文献は必ずしも多くはない。専門書か、マニア向けのムックなどかと二極分解しており、必要な知識を簡便に伝える文献は意外に少ないのだ。このギャップを補うには、手に取りやすい新書という媒体が有効・有益であろう。本書『戦車将軍 グデーリアン』は、かかる新書による試みのなかでも、最新のものとなる。角川新書での前著『「砂漠の狐」ロンメル』、新書大賞2020の大賞をいただいた『独ソ戦』(岩波新書)に続き、欧州における第二次世界大戦史の一端なりを読者に伝えることができたなら、著者としては何よりの歓びである。

【目次】
序 章 さらば夏の光よ
第一章 仮面を剥がされたグデーリアン
第二章 青年将校
第三章 多くの戦訓を得た第一次世界大戦
第四章 敗戦と義勇軍体験
第五章 自動車部隊へ
第六章 戦車に注目せよ
第七章 装甲部隊の「総稽古」
第八章 砲火の洗礼
第九章 不完全な勝利
あとがき/グデーリアン年譜/主要参考文献一覧/写真・図表について

【書誌情報】
角川新書
戦車将軍グデーリアン 「電撃戦」を演出した男
著 者:大木 毅
定 価: 990円(本体900円+税)
発売日:2020年03月07日
判 型:新書判
ISBN:9784040823218
https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000083/
amazonでも予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4040823214

大木 毅(おおき・たけし)
現代史家。1961年東京生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。千葉大学その他の非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、国立昭和館運営専門委員、陸上自衛隊幹部学校(現陸上自衛隊教育訓練研究本部)講師等を経て、現在著述業。『独ソ戦』(岩波新書)で新書大賞2020大賞を受賞。主な著書に『「砂漠の狐」ロンメル』(角川新書)、『ドイツ軍事史』(作品社)、編訳書に『「砂漠の狐」回想録』『マンシュタイン元帥自伝』『ドイツ国防軍冬季戦必携教本』『ドイツ装甲部隊史』(以上、作品社)など多数。


紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年3月号

2月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説 野性時代

第196号
2020年3月号

2月13日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP