menu
menu

ニュース

【おくやみ】作家・小林泰三さんが逝去されました


SF、ホラーからミステリまで幅広く活躍された作家の小林泰三さん(58歳)が、2020年11月23日(月)、大阪府内の病院で逝去されました。癌で闘病中とのことでした。葬儀は近親者のみで済まされたそうです。

小林泰三さんは1962年、京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。2011年刊の『天獄と地国』で、また16年『ウルトラマンF』でそれぞれ第43回、第48回星雲賞(日本長編部門)を受賞。また、13年刊の『アリス殺し』で2014年啓文堂書店文芸書大賞を受賞しました。他に「メルヘン殺し」シリーズ、『海を見る人』『大きな森の小さな密室』『パラレルワールド』『人外サーカス』『未来からの脱出』など多くの著書があります。

デビュー以来、たくさんの素晴らしい著作をありがとうございました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年2月号

1月12日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP