KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

ラランド・ニシダ初小説『不器用で』のカバーデザイン初公開&推薦コメント到着!

お笑いコンビ「ラランド」ニシダさんの小説デビュー作となる『不器用で』(2023年7月24日刊行予定)。KADOKAWAは、本作品のカバーデザインを初公開します。さらに、ライムスター宇多丸さん、町屋良平さんから推薦コメントが到着しました。

【特設サイト】:https://kadobun.jp/special/nishida/bukiyoude



著者が中学・高校時代を過ごした湘南をイメージした舞台設定の本書。収録作5篇の共通点である「夏」と「海」、うだるような暑さがカバーに表れています。装丁を手掛けたのはnext door designの池田進吾さん。作中のモチーフを登場させた、どこか不思議で遊び心のあるイラストはnoa1008さんによる描き下ろしです。

文学性を絶賛するコメント到着!

世界の無惨さと己の無様さ、そこに埋もれた鈍い輝きを、痛いほどの精度で掬い取る――ニシダさんは、「文学の目」を持っているのだ。
———ライムスター宇多丸さん(ラッパー/ラジオパーソナリティ)
「不器用で」というタイトルからはまったく想像もつかないことだが、とにかく小説の文章としてすばらしい。いい文章がもつ真の凄みと迫力、豊かさをこの小説は教えてくれる。小説の文章がいいということは、小説の語りを書き手と読み手がともに信じられるということだ。そして俄かには信じがたいことかもしれないが、小説の文章としてすばらしいのなら、それだけで語られる物語もまた、間違いなく目覚ましく面白いものとなる。
———町屋良平さん(小説家)

収録作品

「遺影」
じゃあユウシはアミの遺影を作る担当な――。中学1年の夏休み、ユウシはクラスでいじめられている女子の遺影を作らなくてはいけなくなった。貧しい親のもとに生まれてきたアミと僕とは同じタイプの人間なのに……。そう思いながらも、ユウシは遺影を手作りし始める。

「アクアリウム」
僕の所属する生物部の活動は、市販のしらす干しの中からしらす以外の干涸からびた生物を探すだけ。退屈で無駄な作業だと思いつつ、他にやりたいこともない。同級生の波多野を見下すことで、僕はかろうじてプライドを保っている。だがその夏、海釣りに行った僕と波多野は衝撃的な経験をする。

「焼け石」
アルバイト先のスーパー銭湯で、男性用のサウナの清掃をすることになった。大学の課題や就職活動で忙しいわたしを社員が気遣って、休憩時間の多いサウナ室担当にしてくれたらしいのだが、新入りのアルバイト・滝くんは、女性にやらせるのはおかしいと直訴したらしい。裸の男性が嫌でも目に入る職場にはもう慣れた、ありがた迷惑だと思っていたわたしだったが――。

「テトロドトキシン」
生きる意義も目的も見出せないまま27歳になり、マッチングアプリで経験人数を増やすだけの日々をおくる僕は、虫歯に繁殖した細菌が脳や臓器を冒すと知って、虫歯を治さないという「消極的自死」を選んでいる。ふと気が向いて参加した高校の同窓会に、趣味で辞書をつくっているという咲子がやってきた。

「濡れ鼠」
12歳年下の恋人・実里に、余裕を持って接していたはずの史学科准教授のわたし。
同じ大学の事務員だった彼女がバーで働き始めてから、なにかがおかしくなってしまった。
ある朝、実里が帰宅していないことに気が付いたわたしは動転してしまう。

書誌情報



書名:不器用で
著者:ニシダ
発売:2023年7月24日(月)予定※電子書籍同日配信予定
定価:1,760円(本体1,600円+税)
体裁:四六判上製 単行本
頁数:208頁
装丁:池田進吾(next door design)
装画:noa1008
ISBN:9784041131138
発行:KADOKAWA
初出:「カクヨム」「小説 野性時代」
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322207000260/

著者プロフィール


撮影:後藤利江

ニシダ
1994年7月24日生まれ、山口県宇部市出身。2014年、サーヤとともにお笑いコンビ「ラランド」を結成。本書が初の著書となる。
ラランド公式サイト:https://www.lalande.jp/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP