今年もインフルエンザが猛威を振るっています。厚生労働省の発表によれば、今シーズンの累計患者数は1799万人となり、統計を取っている1999年以降で過去最高の患者数に達しています(厚労省2018年1月26日、および2月23日発表)。これだけ衛生環境が発達し、栄養面でも十分な現代日本において、なぜ毎年のようにインフルエンザは流行するのでしょうか。先日、角川ソフィア文庫から『感染症の世界史』を刊行した著者で環境学の専門家、石弘之(いしひろゆき)さんにお話を聞きました。
画像

インフルエンザ・ウイルスも必死

──今シーズンもインフルエンザが大流行しています。わたしの近くの小学校も12月から大流行で学級閉鎖や学年閉鎖が相次いでいるそうですし、編集部でも次々にかかる人が出ておどろいてしまいました。なぜ毎年流行するのだろう、と思ってしまいます。

石:今の医学で防ぎきるにはまだまだ時間を要すると思います。インフルエンザとみられる最初の記録は紀元前412年の古代ギリシャのものですから、長い長い戦いを繰り広げてきているのです。
 インフルエンザの原因となっているのはインフルエンザ・ウイルスですが、毎年変異を繰り返して多くの亜型に分かれています。過去の傾向から来シーズンに流行る型を予想して予防接種を作ることは可能ですが、絶対ではありません。
 それにインフルエンザは空気感染で広がりますから、人口密度の高い『都市』に適応したウイルスともいえます。過去の大流行をみても、ギリシャ、ローマ、サンクトペテルブルグ、ニューヨーク、東京といった大都市で大発生しています。

──毎年、型を変えて現れているとは。敵もさるもの、という感じですね。

石:食物連鎖の最上位にいて、地球で最強の地位に上りつめた人類にとって、ほぼ唯一の天敵ともいえるのがウイルスです。長い歴史を振り返ると、ウイルスが病気を起こせば人間は免疫を獲得して対抗し、さらにそれをかいくぐる新型のウイルスが出現する、というように、ある種の軍拡競争をし続けているわけですから、彼らも必死なのでしょう。

──そもそもウイルスって何なのでしょうか。

石:ウイルスとは何か、というのは生物学の大命題でもあります。生物なのか、無生物なのか。ここでは詳しく立ち入りませんが、簡単に言えば、微生物ですね。現在、名前がついて分類されている生物の種だけで200万、すべて解明されれば、1000万種をはるかに超えるといわれています。そのすべての種に固有のウイルスいがいます。この大ファミリーの一員がインフルエンザ・ウイルスです。

書籍

『感染症の世界史』

石 弘之

定価 1166円(本体1080円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する