古処誠二さんが3年ぶりに待望の新作『いくさの底』を刊行しました。
今回はビルマを舞台に、衝撃の結末まで二転三転の巧みなミステリ仕立てのエンタメ作品。
一貫して戦争を描いてきた著者の、作品に込める思いをたっぷりお伺いしました。
画像

人間の行動原理が物語を動かす

──本書では、第二次世界大戦中期のビルマ戡定後(平定後)に北部山岳地帯の村に警備駐屯することになった一隊が描かれていますが、のっけから「そうです。賀川少尉を殺したのはわたしです」と衝撃の告白で幕をあけます。どうやら戦場にあって、戦闘ではなく殺人によって一人の命が奪われたらしいことが明かされるわけですが、誰が、いったい何のために? 謎に引っ張られるようにして、読者は物語を夢中で追いかけることになります。なぜあえて、この時期、この場所を選んだのでしょうか。

古処:この物語は、この時代のこの場所でなければ成立しませんでした。また警備駐屯の閉鎖性というのもシチュエーションとして魅力的でした。特に敵と味方のグレーゾーンが広く、そこに斥候が出入りして、見えない敵がより一層見えにくく、治安が乱れ始める不穏な時期にあたります。探り合いがあり、緊迫感もあるんだけれども、戦闘が派手に起きるというわけではない。舞台としてはぴったりでした。

──冒頭で殺された少尉の死は、ごく限られた者たちを除いて、村人にも兵隊にも入念に伏されていきます。軍隊という組織のなかでのそうした暗黙の了解事項や行動原理は、人の心にひずみを生み、物語を何重にもうねらせ、本書のワイダニットの大きな鍵のひとつにもなっていますね。

古処:小説ですから、実際にもあったことですとは言いたくないんです。しかし実例を確認せずに突飛な話は書きづらいという面も戦地を舞台にした小説にはあります。さしあたって事故死などを戦死として処理するのは珍しいことではなかった。空襲はどこでもあったから、貨車から落ちて死んだ例を爆死にしたとはっきり書いてある戦記も存在します。一緒に戦った戦友からしてみれば、苦労して戦地に赴いて事故で死にましたでは本人も残された家族も不憫だと思うのが人情だろうし、そういった事実改ざんは、むしろあって当たり前というか、そうだっただろうなと感じないわけにはいきません。学校のいじめをなかったと強弁するような例がよくニュースになりますが、情報の発達した現代ですらそういうことが起きるのだから、閉鎖的な戦場で正直でいるのはほぼ不可能でしょう。

──本書は戦争小説としてだけではなく、ミステリとしてもきわめてリーダビリティの高い読みものに仕上がっていると思うのですが、もともと古処さんは(ミステリレーベルの)メフィスト賞でデビューなのですよね。この仕掛けや企みの発端はどこにあったのでしょうか?

古処:構想は練ってもたいていは漠然としています。書いているうちにどんどん膨らんでいくタイプです。幸い、今回は最初から着地点がハッキリしていて、そこを目指していくうちに、自然とこうなりました。基本的に、現代小説でも戦場小説でも、物語を動かすのは人間であることに変わりはない。重要なのはその舞台特有の要素です。状況により人間心理がどう変化するか。心理の変化が行動をどう変えるか。たぶん最初に突飛な事件が起きるとエンタメやミステリっぽくなるんじゃないでしょうか。

書籍

『いくさの底』

古処 誠二

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2017年08月08日

ネット書店で購入する

    書籍

    『中尉』

    古処 誠二

    定価 864円(本体800円+税)

    発売日:2017年07月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『線』

      古処 誠二

      定価 720円(本体667円+税)

      発売日:2012年07月25日

      ネット書店で購入する