『来る』のタイトルで映画化された『ぼぎわんが、来る』をはじめとする、〈比嘉ひが姉妹〉シリーズがヒットしている澤村伊智さん。待望の書き下ろし長編『予言の島』は、瀬戸内海の小島を訪れた者たちが、怖ろしい事件に巻きこまれる戦慄のホラー&ミステリです。怨霊伝説が囁かれる島で次々と起こる惨劇。その背後に隠された衝撃の真相とは――?

土俗性と現代性が絶妙なバランスで共存した未体験のエンターテインメントについて、お話をうかがいました!
画像

念頭にあったのは〝霊能者の孫〟と『獄門島』

──『予言の島』は『ししりばの家』以来、約一年半ぶりとなる書き下ろし長編です。昨年(二〇一八)は『ぼぎわんが、来る』を映画化した『来る』が公開されたり、〈比嘉姉妹〉シリーズ初の短編集『などらきの首』が発売されたりと、充実した一年だったのでは?

澤村:そうですね。映画のお蔭で多くの方に作品を読んでもらえましたし、短編もあちこちに執筆できた。ありがたいことだと思っています。ただ本当なら去年は、もっとたくさん新刊が出るはずだったんです。今回の書き下ろしに時間をかけてしまい、結局出せたのは短編集が一冊のみ。デビュー三年にして、これまでにない苦労を味わいましたね。今はやっと肩の荷が下りたので、ほっとしているところです。

──デビュー以来〈比嘉姉妹〉シリーズを中心に書き継いできた澤村さんですが、今回はノン・シリーズ作品。しかもホラー要素に加えて、本格ミステリのテイストが強く、新境地と呼べる作品になっています。

澤村:だとしたら嬉しいですね。今回、作品の出発点になったのはふたつの思いつきです。ひとつは〝有名な霊能者の孫〟が出てくる作品を書きたいというもの。『金田一少年の事件簿』にしても『ルパン三世』にしても、著名なキャラクターの子孫が登場する作品は、一定の人気がありますよね。その流れで、かつて一世を風靡した霊能者の家族を登場させたら面白いんじゃないかな、と思ったんです。

──なぜ霊能者だったのですか? 比嘉姉妹も霊能力の持ち主ですし、澤村さんにとって思い入れのある職業なのでしょうか。

澤村:小学生の頃、宜保愛子さんなどの霊能者がブームだったんです。ご多分にもれず僕もはまって、著作を読んだり、テレビの特番に夢中になったりしていました。ただし霊能者を登場させるのは、個人的なノスタルジーではないですね。霊能力が本当にあるかないか、という議論にもまったく興味がない。世の中には「霊が見える」と自称する人たちが一定数存在して、その言動が周囲に影響を与えている、という現象がものすごく面白いと思うんですよ。今回は宇津木うつぎ幽子ゆうこという、僕がまさに子どもの頃テレビで見ていたような霊能者を、キーパーソンとして登場させてみました。

書籍

『予言の島』

澤村 伊智

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2019年03月15日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年3月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2019年02月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『などらきの首』

      澤村 伊智

      定価 691円(本体640円+税)

      発売日:2018年10月24日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『獄門島 金田一耕助ファイル 3』

        横溝 正史

        定価 605円(本体560円+税)

        発売日:1971年10月30日

        ネット書店で購入する