画像
お笑い芸人・ひろたあきらさんのはじめての絵本『むれ』がKADOKAWAから刊行されます。自作の手作り絵本だった『むれ』が、読み聞かせ会で子どもが“むらがる”人気絵本になったいきさつや、本の楽しみ方、絵本に込めたメッセージをお聞きしました。

【変な絵本との衝撃的な出会い】

――はじめに、お笑い芸人であるにも関わらず、なぜ絵本を作ることになったのか、きっかけをおしえてください。
僕は今29歳なのですが、もともとは愛知県出身で、デザイン専門学校を出たあとお笑い芸人になろうと思って、21歳で名古屋よしもとに入りました。4年くらい漫才コンビを組んで活動しながら、いつか東京に行きたいと思っていたら、相方が行方不明になってコンビ解消することになり、じゃあ単身で東京に行こうと。よしもとの東京所属となって再びコンビを組んだのですが、また半年くらいで相方が芸人をやめるというので解散することになりました。
画像
芸人を続けていくために僕は何をしたらいいだろうと考えて、デザイン専門学校で絵を描いていたので、変な絵本を作ってピンネタをやってみようと思いました。それで、絵本にはどんなものがあるのかなと本屋さんに行ってみたら、長新太さんの『ゴムあたまポンたろう』を見つけて、すごい衝撃を受けたんです。
めちゃくちゃ自由で、変で、おもしろい。「こんな絵本があるなんて知らなかった」と思いました。長新太さんの作品が大好きになっていっぱい読みました。他の作家さんの作品にもおもしろい絵本がたくさんあることを知って、ますます絵本にハマりました。
長新太・作『ゴムあたまポンたろう』(童心社)

長新太・作『ゴムあたまポンたろう』(童心社)

>>『ゴムあたまポンたろう』(童心社)

それが上京して1年くらい経ったときだから、24歳くらい。1冊ずつ気に入った絵本を買い集めるようになり、今はひとり暮らしの狭いワンルームに300冊くらいあると思います。

ツイッターで好きな絵本についてつぶやくようになると、だんだん芸人仲間や先輩たちに僕の絵本好きが知られるようになりました。よしもとの劇場である神保町花月で、絵本のライブをしたり、お笑いの活動の中で絵本のイベントをするうちに、お客さんとして来てくださった方の中に書店員さんがいたりして、書店の絵本コーナーでも読み聞かせ会を定期的にするようになりました。読み聞かせ会で読むために自作絵本『むれ』を作ってみたのがはじまりです。

書籍

『むれ』

ひろた あきら

定価 1080円(本体1000円+税)

発売日:2019年02月28日

ネット書店で購入する