2020年の竣工へ向け、東所沢の地で着々と工事が進むKADOKAWA「ところざわサクラタウン」。
完成予定図

完成予定図

このプロジェクトは、アドバイザリーボードに隈研吾氏や荒俣宏氏、松岡正剛氏などを迎え、所沢市とKADOKAWAが中心となり、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点とするべく企画。東京ドームにほぼ匹敵する約4万㎡の敷地に、ミュージアム、イベントホール、ホテル、さらには書籍製造工場や物流倉庫、オフィスなどが複雑に組み合わされて建ち並ぶ予定だという。

この巨大な複合施設の設計・施工を担うのが、鹿島建設株式会社だ。
鹿島建設といえば、国立新美術館、サントリーホール、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、埼玉スタジアム2002、東京駅丸の内駅舎保存・復元工事等、日本人なら誰もが知る建築物を数々手がける、日本を代表する大手ゼネコン(総合工事業者)の一つ。しかし、その経験と人材豊富な鹿島建設をもってしても、ところざわサクラタウンの建設は、「未来永劫ないほどの挑戦的なプロジェクト」なのだそう。

この建設プロジェクトが、どのような経緯でスタートし、工事が進む現在、どのような苦労があるのか。設計責任者の星野時彦氏と、施工責任者の佐々木直也氏に話をうかがった。


右:星野時彦さん、左:佐々木直也さん

右:星野時彦さん、左:佐々木直也さん

星野時彦(ほしの・ときひこ)〈写真右〉鹿島建設株式会社建築設計本部チーフアーキテクト。1990年入社。建築設計本部、英国Michael Hopkins & Partners を経て、現職。担当プロジェクト:猿倉山ビール醸造所、八海山雪室、オムロンヘルスケア新本社および研究所、田園調布雙葉学園聖堂、青山学院法科大学院、土木図書館、University of Nottingham 他 受賞歴:日本建築学会作品選奨、日本建築士会連合会賞優秀賞、AACA賞、JCD賞銀賞、環境・設備デザイン賞 他多数

佐々木直也(ささき・なおや)〈写真左〉鹿島建設株式会社関東支店ところざわサクラタウン新築工事事務所長。1989年入社。技術研究所、長野オリンピックスピードスケート会場新築工事、西武ライオンズ球場屋根架構工事、プラザノース新築工事、さいたま市新クリーンセンター新築工事等を経て、現職。


キーワードは「融合」

――まず、デザインに携わっていらっしゃる、建築家の隈研吾さんと、鹿島建設の設計・施工、それぞれの役割分担を教えてください。
星野時彦氏(以下、星野):建築家と建設会社というのは、プロジェクトによって様々な関わり方があるのですが、今回、隈さんは角川武蔵野ミュージアムとホテルの外観デザインとそのデザインの監修までで、設計は鹿島建設がやっています。しかし、その辺の分担の境界は実ははっきりしないところもあって、隈さんがかなり細かいところまで関わってこられる部分と、イメージだけをいただいてそれを僕たちがつくる部分の両方があるんです。
 次に設計と施工の区分ですが、一般的には設計図をつくるのが設計、それを受け取りどうやってつくるかを具体的に現場で決めていくところからが施工の役割です。通常は設計という期間があって、その後に施工という期間があるのですが、今回は特に東京オリンピックまでにつくりたいという至上命令がありまして(笑)。なおかつ複雑な設計なので、順番にバトンを受け渡すようなやり方では納期的にかなり厳しい。設計段階から施工を考えながらやっていくために、今回は、佐々木所長も着工の3年近く前から参加して、この場合はこうやってつくろうとか、色々なことをあらかじめ考えながら進めていきました。ですから、設計と施工の期間が重なりながら全体をつくっています。
佐々木直也氏(以下、佐々木):それができるのが「設計施工」の良さですね。大手の建設会社は設計部門を内部に抱えているので、短期間で大きなものをつくっていく時には力を発揮します。おそらく同じ隈さんデザインの新国立競技場もそうやって進んでいるのではないでしょうか。設計のやり直しが決まった後、普通にやったら絶対間に合わないだろうというところを間に合わせてつくっていけるのは、担当したゼネコンの人たちが、隈さんのデザインを基にどうやってつくっていくかというのを同時に考えながら実施設計を進めていったからだと思います。ところざわサクラタウンもまさにそういうところがありますね。

書籍

「武蔵野樹林 vol.1 2018秋」

角川文化振興財団

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2018年10月20日

ネット書店で購入する