「ピアノの森」「ハイキュー!」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」など数々の話題作に出演している、人気声優の斉藤壮馬さん。このたび、声優グラビア誌「ボイスニュータイプ」の連載エッセイに撮り下ろし写真をたっぷり加えたフォト&エッセイ集『健康で文化的な最低限度の生活』が刊行されます。
これを記念して、カドブンでは斉藤さんの特別インタビューを掲載。本書未掲載の撮り下ろしカットもカドブンだけで公開します!
画像

筒井康隆や中島らもから影響を

──声優や歌手のお仕事は「演じる」ことがメインですよね。それと比べてエッセイを書くというのはどういう感覚でしたか?

斉藤:もともと文章を書くのが趣味でしたが、どちらかというと小説のようなものを多く書いていたので、エッセイを書くこと自体がなかなかない経験でした。特別なにか役を設定したりバイアスをかけたりすることはしていませんが、ふとしたときにさらっと読めるような内容になればいいと思っています。芝居というのは、クリエイターの方の世界観と受け手の方を繋げていく作業だと思っていますが、エッセイは自分の思考や感情をベースにアウトプットしていく行為なので、ふだんとはまた異なる頭の使い方ができて楽しかったです。一応締め切りもほぼほぼ守ることができてよかったですね(笑)。

──文章を書くのが好きとのことですが、なにかきっかけは?

斉藤:わりと小さいころから読み書きをするのが好きでした。幼稚園くらいのときは段ボールの切れ端で恐竜のおもちゃを作ったりしていたので、昔からなにかものを作るのが好きだったんでしょうね。小学生のとき、物語を書いてみよう、というような授業があって、雪が降った日にしか会えない不思議な青年とバスケットボールをする話を書いたんですけど、それを先生に褒められたのがとても嬉しかったのを覚えています。

──文体などで影響を受けた作家はいますか?

斉藤:改めて改稿作業をして、文体の影響を受けているなと思うのは、日本の作家だと筒井康隆さん、中島らもさん、福永武彦さんあたりでしょうか。翻訳文体というか、たとえばカート・ヴォネガットや、柴田元幸さんの訳されている小説などの影響も感じます。「おれ」という一人称は、今回はあまり使っていませんが、完全に筒井康隆さんの影響ですね。気を抜くとすぐに冗長な文章になってしまうので、レイモンド・カーヴァーとか、藤沢周さんのような文体に憧れます。ユーモアエッセイでは大槻ケンヂさんの要素も感じるかな。初めて買った筒井さんの本の解説が大槻さんで、本編もさることながら、解説を何遍も読み返した記憶があります。でも、一番影響を受けるのは執筆時に読んでいた本の文体ですね。多くは説明しませんが、たとえば『我が愛しのバードランド』『in the meantime』などはポール・オースターっぽいなあと思います。

書籍

『健康で文化的な最低限度の生活』

斉藤 壮馬

定価 2268円(本体2100円+税)

発売日:2018年10月31日

ネット書店で購入する