ママたちの声を取り入れて生まれた人気絵本『とりがいるよ』『たまごがあるよ』のシリーズに、続編となる新作『いっしょにするよ』が登場しました。1~3歳の赤ちゃんに向けた、音の響きが楽しい絵本です。刊行を記念して、作者の風木一人さんとたかしまてつをさんのお二人に、シリーズ3部作の制作秘話や新作の見どころについて、たっぷりと語っていただきました。
画像

ギャラリーの片隅での運命的な出会い

――はじめに、シリーズ第1弾『とりがいるよ』のお話から伺いたいのですが、この絵本はどのようにして生まれたのでしょうか。
風木:僕の絵本作りは、自分が面白いと思えるものを見つけることから始まります。『とりがいるよ』の場合は、「たくさんの鳥の中に一羽だけ違う鳥がいる」という面白さです。たくさんの白い鳥の中に赤い鳥が一羽だけ混ざっていたら、とても目立ちますよね。大人でも子どもでも赤ちゃんでも、絶対その鳥が気になって見てしまう。そんな単純な面白さが原点となって、この絵本のアイデアが生まれました。

僕は絵本の文章作家なのですが、ラフの段階ではよく自分で絵を描いたりします。文章だけよりも、その方が伝わりやすいからです。『とりがいるよ』も、最初は自分で絵を入れて、絵本のダミーを作りました。ちょうど池袋のギャラリーで展覧会をやるタイミングだったので、ギャラリーの片隅にそのダミーを置いておいたんです。展覧会を見にきてくれた編集者の目に留まれば、というつもりでした。
画像
―― その展覧会に、たかしまさんも足を運ばれたそうですね。

たかしま:はい。風木さんとは、お仕事をご一緒したことはなかったんですが、10年以上前からの知り合いで、このときも展覧会のご案内をいただいて、見に行かせてもらいました。そのとき、このダミーを見つけて。タイトルに呼ばれた気がしたんですよ。「とりがいるよ」「え、どこどこ?」みたいな感じで。

開いてみたら、詩のような味わいがあって、一気に引き込まれました。で、気持ちよく読み進めていたら、中盤で「ながーい とりが いるよ」という衝撃のページが! 足が長い鳥とか首が長い鳥とかはいるけれど、ただ「長い鳥」って聞いたことないじゃないですか。絵も、普通の鳥をきゅーっと引き伸ばしたような妙なフォルムで、思わず二度見してしまいました。もう一目惚れです。

画像

書籍

『いっしょにするよ』

風木 一人 絵:たかしま てつを

定価 972円(本体900円+税)

発売日:2018年06月28日

ネット書店で購入する

    書籍

    『たまごがあるよ』

    風木 一人 絵:たかしま てつを

    定価 972円(本体900円+税)

    発売日:2017年11月16日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『とりがいるよ』

      風木 一人 絵:たかしま てつを

      定価 972円(本体900円+税)

      発売日:2016年08月04日

      ネット書店で購入する