menu
menu

特集

まもなく著作100作の東野圭吾、どれから読む? 角川文庫12作品の特徴をパラメーターで分析!

東野圭吾さんの著作数が100を迎えようとしています。
3月24日に発売された文庫最新刊『魔力の胎動』は92作目。
100作もあるとどれから読もうか迷ってしまう、という方に。
角川文庫の12作品の特徴を担当編集者が独断と偏見で分析、パラメーター化しました!
あなたの気になる作品はどれですか?

魔力の胎動



お待たせしました、文庫最新刊『魔力の胎動』がついに発売となりました!
この作品のなかには『ラプラスの魔女』の伏線があり、どちらを先に読んでも楽しめるという仕掛けが。
『ラプラスの魔女』のヒロイン円華は謎めいた存在ですが、彼女のあたたかな一面が見られるところもこの作品の魅力です。
https://www.kadokawa.co.jp/product/322003000371/
amazonページはこちら

超・殺人事件



こちらは東野圭吾さんの隠れた名作。
人気作家の苦悩が窺える(?)爆笑作品集です。
8つの短編が収録されていて、すきま時間にすぐ読めてすぐ笑える、そんなところもおすすめです!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000274/
amazonページはこちら

ラプラスの魔女



映画化もされた超大作。作家デビュー30周年記念作品です。
予測不能な展開にきっと翻弄されるはず! 『魔力の胎動』も併せて読むとさらにおもしろいこと請け合いです。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321612000242/
amazonページはこちら

ナミヤ雑貨店の奇蹟



号泣必至の感動作です。世界各国で愛されている大ベストセラーで、東野圭吾の代表作の一つと言って間違いないでしょう。昨年電子書籍も発売されたので、電子派の方にも!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321308000162/
amazonページはこちら

夜明けの街で



こちらは170万部を突破、増刷が止まらない人気作です。
ハラハラしすぎて一気読みの不倫小説、しかし気になるのは不倫の恋の行方だけではありません。そして結末に待っているのは驚きと・・・・・・?
https://www.kadokawa.co.jp/product/201003000150/
amazonページはこちら

使命と魂のリミット



胸の熱くなる医療ミステリ。こちらも緊迫感がたまりません・・・・・・!
この作品をひと言であらわそうとするなら、「矜持」でしょうか。背筋の伸びる作品です。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200902000439/
amazonページはこちら

さまよう刃



読むには覚悟が要るかもしれません。しかしそれでも読んで欲しい作品です。
少年犯罪と遺族の復讐という重いテーマに正面から挑む、渾身のサスペンス。
2021年5月から放送開始予定のWOWOWドラマにも注目です。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200708000405/
amazonページはこちら

ちゃれんじ?



いまや貴重な東野圭吾さんのエッセイ。
ベストセラーを生み出し続ける作家は、執筆のみならずスノーボードにも全力投球!
短編小説「おっさんスノーボーダー殺人事件」も収録。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200701000258/
amazonページはこちら

殺人の門



ボリュームのある作品ですが、ページをめくる手がとまらない!
真面目な主人公の人生が、「人たらし」の幼馴染みによって狂わされてゆく・・・・・・。
600ページ超、最初から最後まで主人公の独白という意欲作、つい感情移入してしまい、平常心で読むのが難しい作品です。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200512000208/
amazonページはこちら

さいえんす?



身近な問題を理系作家・東野圭吾が斬るエッセイ。
小説からはなかなか窺えないベストセラー作家の素顔が見られる、かも?
https://www.kadokawa.co.jp/product/200412000332/
amazonページはこちら

探偵倶楽部



ミステリ好きには外せない、華麗な謎解きが魅力の名作。
5編収録で少しずつ楽しめる構成で、それぞれ定型と見せかけて少しずつ展開が違ってくるところも巧みです。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200312000311/
amazonページはこちら

鳥人計画



犯人は早い段階で明かされてしまい、犯人が密告者を探す――という異色の展開をみせるミステリ。最後に驚きも待っているので油断禁物です。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200201000079/
amazonページはこちら

以上12作、角川文庫の東野圭吾作品をご紹介しました。どの作品が気になったでしょうか?
『魔力の胎動』発売に合わせ、書店店頭では、ご紹介したパラメーターをはじめ豪華コンテンツを盛り込んだリーフレットを無料配布中です。ぜひお持ちください。

角川文庫公式Twitter(@KadokawaBunko)、東野圭吾公式Twitter(@higashinokeigo_)でも最新情報を発信しておりますのでフォローをよろしくお願いします!


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年4月号

3月13日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 宮部みゆき

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

ドキュメント

著者 湊かなえ

4

傷痕のメッセージ

著者 知念実希人

5

この本を盗む者は

著者 深緑野分

6

十津川警部、廃線に立つ

著者 西村京太郎

4/4~4/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP