menu
menu

特集

シンボルとしての見せる城=居城と、包囲戦での陣城(じんしろ)築城―― “信長の城”分析の決定版!

 本書は織田信長と家臣団の城郭を、居城という軍事・支配の本拠となる城と、戦争の際に築かれる陣城という2種類の城郭を柱として信長の城郭構想を探るものである。

 織田信長の城と言えば誰しもが安土城を思い浮かべることだろう。しかし信長ほど居城を移した戦国武将は他にいない。清須城、小牧山城、岐阜城である。こうした居城の変化を見ていくことによって信長の築城構想はより明らかとなる。

 尾張平定を宣言するために守護所であった清須城を押さえ、小牧山城で石垣を築き、岐阜城では石垣と瓦を用い、安土城では石垣、金箔瓦、天主をもつ城郭を築いた。この石垣、瓦、天主という3つの要素は近世城郭へと引き継がれていったのである。

 信長の築城は戦国時代の土の城から石の城への変化であり、日本城郭史の革命的変化であった。それは戦うための軍事的防御施設であったものが、統一政権のシンボルとして見せる城への変化であったと言えよう。

 信長一門の居城や家臣たちが築いた城郭を分析すると石垣、瓦、天主という3つの要素が貫徹され、極めて斉一性の強い城郭が築かれていることがわかる。さらに興味深いのは金箔瓦の使用である。瓦葺き建物は一門、家臣団の居城に認められるが、金箔瓦に関しては信長と子息の城にだけ用いられている。こうした城郭のあり方は城郭政策といってもよいだろう。

 石垣に関しては安土城、勝龍寺城、坂本城、兵庫城で基底部に胴木と呼ばれる木材を敷き、石垣の崩落を防ぐ工法をとっている。信長と家臣団の居城の石垣構築には同じ工人が動員されていたことをうかがわせる。瓦については安土城と大溝城で同文、勝龍寺城と坂本城と小丸城で同笵の瓦が出土しており、やはり同じ工人が動員されていた。おそらく信長の意図で家臣団の居城は選地され、様々な職人が派遣されたことを示している。

 さて、もうひとつの柱である陣城についてはこれまでほとんど語られることはなかった。国境紛争、対峙戦、攻城戦に際してのみ臨時的に構えられる城を陣城と呼んでいる。石垣によって築かれる巨大な居城とは違い、山を切り盛りして築かれた土の城は規模も小さく、石垣も用いられていないため、城跡としても何も残っていないという評価がなされてきた。ところが実際には現在でも見事な曲輪や土塁、横堀などが残されている。本書では城郭研究独自の研究法である縄張図と呼ばれる城郭の平面構造を図示する手法を用いて陣城を分析することとした。筆者が実際に山中に残された城郭遺構を図化した縄張図を多く掲載しているのも本書の大きな特徴となっている。

 陣城と呼ばれる極めて軍事性の強い城郭の構造から桶狭間合戦、小谷城攻め、三木城攻めなどがどのような目的で戦われたのかが明らかとなってくる。例えば元亀元年(1570)から天正元年(1573)までの小谷城攻めであるが、横山城や虎御前山砦を構え、3年にわたって包囲戦を展開している。一気に攻めてしまえばよいものを実に3年かけて攻めているのである。以後の三木城攻めでも陣城を築いて長時間をかけ包囲戦を展開している。なぜそのような長期戦を選択したのであろうか。力攻めでは自軍にも相当なリスクを背負わねばならない。自軍の消耗を極力避ける戦争として陣城による包囲戦が展開されたのであろう。

 本書では信長と家臣団の城を分析することによって、シンボルとしての見せる城という居城と、時間をかけても自軍の消耗を避ける包囲戦での陣城の性格を明らかにすることができたと思っている。



▼『信長と家臣団の城』の詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルサイト)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000142/

中井均(なかい・ひとし)
1955年、大阪府生まれ。考古学者。滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科教授。
専門は中・近世城館遺跡、近世大名墓。NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長、織豊期城郭研究会代表、大名墓研究会代表を務める。


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年6月号

5月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第199号
2020年6月号

5月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

暴虎の牙

著者 柚月裕子

2

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

著者 出口 治明

3

カインの傲慢

著者 中山 七里

4

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者 梯 久美子

5

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

著者 加藤 文元

6

怪と幽 vol.004 2020年5月

著者 京極 夏彦 著者 小野 不由美 著者 有栖川 有栖 著者 恒川 光太郎 著者 近藤 史恵 著者 山白 朝子 著者 荒俣 宏 著者 小松 和彦 著者 諸星 大二郎 著者 高橋 葉介 著者 波津 彬子 著者 押切 蓮介 著者 東 雅夫

5/25~ 5/31 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP