menu
menu

特集

新感覚のホラー映画が心をえぐる!「みなに幸あれ」清水崇総合プロデューサーインタビュー

ホラー映画にジャンルを絞った日本で唯一のフィルムコンペティション「日本ホラー映画大賞」。2021年、その第1回大賞を受賞した下津優太監督の商業監督デビュー作「みなに幸あれ」が公開される。同賞の選考委員長を務め、本作で総合プロデュースを務めたのが、「呪怨」シリーズや、近作「忌怪島/きかいじま」などで知られる映画監督・清水崇。「僕にはできない画作り」とまで語る、映画「みなに幸あれ」はどのようなホラー映画なのか、「日本ホラー映画大賞」の今後や抱負も含めて、お話を伺った。

文/河内文博(アンチェイン) 

古川琴音×「日本ホラー映画大賞」大賞受賞監督のタッグで生み出す
新感覚ホラー映画「みなに幸あれ」清水崇総合プロデューサーインタビュー 


「Jホラーといえば中田か清水」を変えたい


――「みなに幸あれ」は、「日本ホラー映画大賞」の初の大賞受賞作品である同名短編映画を長編リメイクした作品です。清水さんは本作の総合プロデュースを手掛けられたわけですが、そもそも「日本ホラー映画大賞」に選考委員長として関わることになったきっかけから教えてください。

清水崇総合プロデューサー(以下、清水):もともとは、「みなに幸あれ」のもうひとりのプロデューサーでもあるKADOKAWAの小林剛さんからお話をいただいたのがきっかけです。僕は時間さえあれば学生映画や自主映画も観に行くタイプだし、自分で言うのはおこがましいですが、未だに「Jホラーといえば(「リング」などの)中田秀夫か、(「呪怨」などの)清水崇」と言われるのに辟易していた部分もあったので、新しい才能を発掘する場ができてくれたら嬉しいという思いから、参加させてもらうことにしました。


――第1回のときに集まった応募作には、どのような傾向がありましたか。

清水:短編や中編だけでなく長編もありますし、アニメーション部門もあるので、本当に多種多様でした。内容的には「ホラーなのか、これ?」ってのもありましたし、例によって長い黒髪の幽霊モノも、モンスターモノも、概念的なモノや明らかに黒沢清監督イズムなモノ、高橋洋監督イズムなモノ……本当にいろいろでしたが、僕としては手法やテーマに捉われず、とにかく「淀んだ恐ろし気な空気感」が撮れているか? 「何らかの斬新な目線」を孕んでいるか? またシンプルに怖いと感じられるか? 「ゾッとする」か? で観させていただきました。ただこのコンペティションは、大賞を獲った暁には長編商業映画デビューができるという大きなご褒美があるので、応募したのが短編だったとしても、長編を作り得るセンスや体力気力の持ち主だろうかというところも見ています。やっぱり短編は作れても長編は作れない人ってたくさんいるんです。僕も最初の頃、「リング」シリーズの脚本を書いた高橋洋さんに、「清水は短編はできるけど、長編はまだまだだな」と言われていましたし。


――そういう視点も含めて、短編版の「みなに幸あれ」が第1回の大賞に選ばれたんですね。当初の短編をご覧になった最初の印象はいかがでしたか。

清水:まずは同業者として「僕にはできない画作りで世界観を作っているな」と。そして、モンスターや幽霊といった恐怖の対象物が直接出てくるんじゃなくて、世界観ごとひっくるめての怖さ、現実にも通じている「日常と地続きの怖さ」も孕んでいる。形こそ違えど、何千年も前から人類が行ってきた「幸せの下には犠牲がある」という社会構造を、この作品は揶揄しているんです。そのテーマをわずか11分足らずの短編で描いているところに下津優太監督の底知れない力量を感じました。


新人監督に大事なのは、意地を押し通すこと


――大賞の副賞である新作長編映画は、完全オリジナル作品を製作することも可能ですが、今回は受賞作をリメイクする形ですね。

清水:これは下津監督の希望でしたが、僕としては危惧するところもあったんです。というのも、短編で十分世界観が成立しているのだから、それをただ引き延ばしただけの長編になってしまったら意味がない。そうならないよう脚本の段階で色々と口出しをさせてもらって、率直に「これだと短編の長尺版にしかならないよ」という言い方をしたこともあります。
 きっとこの作品は一般の方が初めて観たら「これ、どういう意味?」となるシーンもあると思います。そういう部分は脚本段階だと、もっとわからないので、「これだと伝わらないと思うよ、どう描くつもり?」といった質問を投げ掛けながら作っていったんです。ですが、どうやら下津監督の中でははっきりと画が見えていて、世界観を持って臨んでいるなと徐々にわかってきたので、じゃあ言いすぎても邪魔するだけだな、と。ここで脚本を削ぎ落としてわかりやすくしたら、「日本ホラー映画大賞」の「新しいセンスを発掘する」という狙いも削ぎ落とされてしまう。意地を張って突っぱねるのも新人の監督には大切だし、そこからこそ生まれてくるものがあるので、小林プロデューサーとも「そこはもう監督に委ねようか」となりました。下津監督もなかなか頑固で簡単には譲らず意見を曲げなかったですし、ね(笑)。


――そうしたやりとりの中で、ご自身が新人だった頃を思い出したりもされたのでは?

清水:思い出しましたね。誰でもそうですが、僕も何者でもない状態から映画作りを始めたので、最初はやっぱり不安があって。Vシネ版の「呪怨」を作ったときから高橋洋さんが監修についてくれて、毎日何時間もファミレスで脚本に指摘や提案、ダメ出しをされてました。が、それこそ今回僕が言ったようなことを言われました。「俺はこれだと伝わらないと思う」とか「これじゃ意味がないじゃないか」とか。でも納得したところは直しつつも、「俺はこれで行きたいんだ!」というところは押し通しました(笑)。高橋さんは後から「そういう意地も大事なんだよ」と。それを思うと、今まさに逆の立場にいますね。


古川琴音の読解力と演技力への信頼


――主演を務めたのは、大河ドラマ「どうする家康」をはじめ、様々な映画・ドラマで活躍する古川琴音さんです。このキャスティングはどのように決まったのでしょうか。

清水:監督の希望です。古川さんとは僕もいつか仕事をしてみたいと思っているので、長編デビュー作を古川琴音さん主演で撮れるのは、正直羨ましく、悔しかったです(笑)。だから、解釈や認識、表現としての出し方が難解なところの多いこの台本を、彼女がどう読み解いて、どういうお芝居で臨んでくるのかも楽しみでした。残念ながら僕は撮影現場に行けなかったのですが、彼女ならこの台本も下津監督と共に膨らませてくれるだろうと信頼していました。


――現場に行けなかった分、仕上がりが楽しみだったのでは?

清水:そうですね。画としてはもう「下津監督ワールド」で、僕でも撮れない完成された画がある。ただ、僕からは編集の段階で繋ぎと音楽や音の使い方に関して、細かい口出しもさせてもらいました。でもそれも僕の意見を踏まえて下津監督がどう料理するか。最終的な決断は監督が握っていないと世界観がブレてしまうし、それが若い監督が新しいものを作るこの賞の醍醐味なので。この企画は下津監督の内側から発せられたオリジナルだし、それをどういうふうに描くべきかという最終決断は発想した下津監督がするべき。とはいえ、お客さんに足を運んでもらってお金をもらって劇場で見せる商業映画なので、お客さんをどれだけ満足させられるか黒字を出せるか? という部分も大事。小林プロデューサーは完全に監督作家主義に委ねていましたが、僕は自分自身が商業でやっている監督だし、商業ベースで興行を打つ長編作品、しかも我らが下津監督のデビュー作なので、そこは伝えねば……と思って臨みましたし、今後の「日本ホラー映画大賞」でもそういうスタンスでいくつもりです。


――物語は、古川さん演じる看護学生が、田舎の祖父母の自宅に遊びに行く中、そこである「秘密」に気付き始め、祖父母の家や村全体にどこか不穏な空気が漂っていく……というものです。あらためて、本作で特にお好きなシーンはありますか。

清水:主人公が一人でとぼとぼ歩いているシーンは、ことごとく好きですね。普通の映画の登場人物は指針を持って、何のために何をすればいいかがはっきりしたうえで動いたり歩いたりする。あてもなく、どうしていいかもわからず、主人公が途方に暮れて歩くシーンがこれだけ画として持続力があるのは、下津監督の狙いと古川さんの解釈、その存在感に尽きます。もちろんクライマックスも好きですし、想像の世界で奴隷が踊り出すところも大好きです(笑)。ああいう「このシーン、いる?」という部分を残すことが、実は映画にとって大事だったりする。僕も同じようなことをやっちゃうのですが、下津監督も似たようなユーモアセンスを持ち合わせていると感じました。昔LAでご一緒したサム・ライミ監督もそういうユーモアが大好きな方でした。


――この映画をご覧になったお客様がどういうリアクションをされるか、楽しみですね。

清水:はい。正直、日本の映画界は妙にポップな娯楽要素ばかりが強くなりすぎている気がします。楽しくてわかりやすくて最後はハッピーエンド。もちろん、映画に正解はないので、さまざまな色の作品があっていいのですが、ただわかりやすい作品ばかりになると、鑑賞眼というか映画偏差値が低迷しちゃう気がする。この作品は、ジメッとしていて不気味ですが、どんな立場のどんな人にも突き刺さってくる映画だし、ホラーが苦手な方でも観られると思います。映画館を出て日常に戻ったときに「あれは私のことを言っているんじゃないか」と思わされる部分が大いにある作品。そんな考察や印象を感じ取り、持ち帰ってもらえたらなと思います。下津監督が投げ掛けたままにしている部分を、観てくださった方がどんなふうに想像を広げてくださるのかも楽しみです。


映画だからこそ描けるものを噛みしめてほしい


――第3回の開催も発表されましたが、今後の「日本ホラー映画大賞」に、どんなことを期待されていますか。

清水:第2回の大賞を獲った近藤亮太監督も長編デビュー作が動いていて、それも「みなに幸あれ」とはまた違ったカラーの作品になるに違いないと思います。ひょっとしたら……大賞受賞監督の作品が増えれば増えるほど、「これまでの受賞作とは違ったことをやらなきゃいけない」とハードルは上がっていくのかもしれませんが、それを悠々と超える作品が出てきてくれたら嬉しいですね。映画業界自体もそうなっていくべきだし。決して「このコンペはこういう傾向だから、こういう作品がウケる」といった媚びや忖度ではなく、オリジナルの発想と視点で作って何度でも挑戦、応募してほしいと願っています。ライバルを生み出して手助けをしている、複雑な思いもありますが(笑)。


――先程も「下津監督の内側から発せられたオリジナル」という言葉がありました。

清水:ただ、誰でも模倣から入るものなので、真似することがダメというわけではないです。そこに自分のエッセンスや自分ならではの捉え方や解釈、世界観をどう入れ込んでいけるか? だと思うんです。「似たような映画もあるけど、俺はこれで独自の世界を作る!」という自信があるなら、ぜひそこに挑んでほしいです。正解不正解はないので。自分だけじゃ気付けないのが自分の才能ですから、ぜひ怖がらずに応募してほしいですよね。僕や小林プロデューサー、そして他の選考委員の方々も「なんじゃこりゃ!」というような作品を待ってます。


――「みなに幸あれ」はまさに「なんじゃこりゃ!」の連続でありながら、人間の本質に迫る作品で、ホラーというジャンルの裾野の広さを感じました。あらためて、本作のどこに注目してほしいと思われていますか。

清水:今、いろんな業界でコンプライアンスなど、様々なことが厳しくなってきていますよね。それはもちろんいいこともあると思うのですが、この映画をご覧になって、綺麗ごとじゃ済まない世界が頑然としてあるということを感じてほしいです。 政治家など「上に立つ人たち」は、こういうテーマは絶対に言ってくれないし、職業柄や立場上言えないと思うんですよね。でも映画ならそういうテーマも描けるし、綺麗ごとじゃ済まない世界も見せられる。ぜひ現実と地続きの話として、この作品を受け取ってくれたらと思います。

プロフィール

清水 崇 しみず たかし
1972年生まれ、群馬県出身。大学で演劇を専攻し、助監督を経た後、黒沢清・高橋洋監督の推薦を受けて98年に監督デビュー。オリジナル企画「呪怨」シリーズ(99~06年)では、劇場版を経てUSリメイクも自ら手掛け、日本人初の全米興行成績No.1に。近年の監督映画作品に「犬鳴村」(20年)、「牛首村」(22年)、「忌怪島/きかいじま」(23年)、「ミンナのウタ」(23年)など。

作品紹介



「みなに幸あれ」
原案・監督・編集:下津優太
総合プロデュース:清水 崇
出演:古川琴音 松大航也 他
配給:KADOKAWA [R15+]

2024年1月19日より全国順次公開
https://movies.kadokawa.co.jp/minasachi/

©2023「みなに幸あれ」製作委員会

STORY
ひょんなことから祖父母に会うために田舎を訪れた、看護学生の女性(古川琴音)。久しぶりに再会し、家族水入らずで幸せな時間をすごす彼らだったが、彼女はどこか違和感を覚えていた。祖父母の家には「何か」がいる。やがて、人間の存在自体を揺るがすような根源的な恐怖が迫って来て……。「誰かの不幸の上に、誰かの幸せは成り立っている」という、人類の宿痾と言ってもいい根源的なテーマが根底に流れる、新しいJホラーが誕生。

INFORMATION

第3回日本ホラー映画大賞
2024年夏、作品募集開始予定!

日本ホラー映画大賞公式X:@jp_horror_fc
第2回日本ホラー映画大賞公式HP:https://movies.kadokawa.co.jp/japan-horror-fc


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年3月号

2月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

がっぴちゃん

高山一実 みるく

2

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

3

人間標本

著者 湊かなえ

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

ダメ男の椎名先輩とヤバ男の佐々木くん

著者 伊咲ネコオ

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月18日 - 2024年2月25日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP