menu
menu

特集

書店員支持No.1! 第42回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 <読者賞> 受賞作『異形探偵メイとリズ 燃える影』荒川悠衛門インタビュー

ミステリ・ホラー好きの書店員の方による投票で選ばれる横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈読者賞〉。第42回の受賞作『異形探偵メイとリズ 燃える影』が、角川ホラー文庫より刊行されました。本作は、「異形」と呼ばれる奇怪な存在が関わる事件に、探偵コンビのメイとリズが立ち向かうホラー・エンターテインメントです。刊行を記念し、作品に込めた熱い思いを荒川悠衛門さんにうかがいました。

書店で働くことは、思いもよらない発想に繋がる


――このたびは受賞おめでとうございます! 受賞されたときはどのようなお気持ちでしたか。

荒川悠衛門さん(以下荒川):ありがとうございます。受賞の連絡をいただいたときは、ようやく結果が出せたことへの安堵感が強かったですね。それと連絡待ちの間ものすごく緊張していたので、解放されて呆然としていました。二つが合わさって、しばらく椅子の上でぼーっとしていた気がします。


――荒川さんは、現役の書店員さんとしてもご活躍されています。書店勤務のご経験が、執筆の後押しや助けになることはありましたか。また、受賞後の職場の反応はいかがですか。

荒川:本に囲まれている環境は日々興味深いです。年代ごとの流行りや、様々なジャンルの書籍を目にすることで、普段考えもしない発想に繋がることがあって重宝しています。受賞後は同僚の皆さんが自分のことのように喜んでくれて。今も発刊に向けて応援してくれていて、本当にありがたく思っています。

大好きなホラー映画のような世界を小説で表現したかった


――『異形探偵メイとリズ 燃える影』は、「異形」と呼ばれる奇怪な存在に探偵コンビが挑んでいく物語です。主人公の秋人は平凡な高校生ですが、兄が行方不明になったことをきっかけに様々な怪異に巻き込まれていきます。まず、ストーリー全体の着想はどのようなところから得られたのでしょうか。

荒川:とあるB級ホラー映画に影響を受けて、異形をいろいろ出してやろうと考えました。さらにどうせならB級っぽく軽い雰囲気で書けたなら楽しいんじゃないかと思いながら、キャラを考えて、ストーリーを構築していきました。思い返すとすごく安直なやり方ですね(笑)。


――秋人が探偵事務所のメイとリズに相談したことから、兄の失踪という一件は、他の「異形」が関わる大きな事件に発展していきます。また、メイとリズが事件の解決に向け奔走する様子も、2人の軽妙なやりとりが読んでいてとても楽しいものでした。このようにとても勢いのあるストーリー展開ですが、どのようなことをお考えになりながら執筆されましたか。

荒川:僕は映画が大好きなんです。エドガー・ライト監督作品のような、陰鬱な世界設定の中でキャラクターがコミカルに動き回る様を、小説でも表現できないかと思いながら執筆していました。それと読者さんを飽きさせないように、展開を意識して、できるだけ退屈な場面がないように心掛けていました。


――全体を通して「ここが読みどころ!」と思われるシーンについてアピールをお願いいたします。

荒川:第四章のクライマックスシーンはぜひ楽しんでほしいですね。「炎のクリスマスイブ事件」は、それぞれのキャラクターが本当に頑張っていますし、無茶ばかりしています。それぞれに問題を抱える彼ら彼女らが導き出す答えを、ぜひご覧になっていただきたいです。

「今ここで何が出てきたら最悪か」がヒントになる


――書店員さんからは、登場人物たちが魅力的だとの声が多く寄せられ、それぞれのキャラクターに深く感情移入できた、応援したくなった、との感想もありました。キャラクターを考える際に意識されたことや、特に思い入れのあるキャラクターはありますか。

荒川:キャラクター描写で心掛けていたのは、「前に進むこと」でした。ウジウジ悩むよりは行動すること。それと内面に問題を抱える彼らが、心の何かに決着をつけて答えを見つける。そんな精神的な前進こそが魅力に繋がると僕は考えています。作中登場人物にはそれぞれ思い入れはありますが、メイとリズは特にお気に入りです。どちらも社会性には大いに欠陥がありますが、人情味もあって書いていてすごく楽しいキャラでした。


――考えるより先に手が出るタイプのメイと、気弱で人見知りのリズはよいコンビですね。個性的な異形も複数登場します。書店員さんの中には、読んでいるうちに自分の部屋にも異形がやってくるかもしれないと不安に思って、窓の外が見られなくなったという方もいるほどでした。異形たちのアイデアはどこから生まれたのでしょうか。

荒川:嬉しい感想ですね。ありがとうございます。僕は日常の中で「今ここで何が出てきたら最悪か」をよく考えるのですが、そんな妄想からヒントを得ています。作中の代表的な異形「双子百足」だと、近所の空き地に鬱蒼と茂っていた雑草群からアイデアを得ました。他には悪夢を見たときに内容をメモして、さらに詳細を埋めていくことで異形の輪郭を構築したりもします。


――本書はホラー小説であると同時にコメディ的要素もあります。荒川さんは読者が気軽に楽しむことができる高いエンタメ性にこだわっておられますが、そこにはどのような思いがあるのですか。

荒川:僕自身エンタメホラー作品というものが大好きですので、そんな好みを読み手側に押し付けている感じがありますね。ジャンル的に恐ろしくて人間の深淵を覗き込むような作品も素晴らしいですし大好きですが、こういった変わり種も楽しいでしょ?と(笑)。自分の思う楽しさを読者さんとも共有したいという単純な欲求の結果、こういった作品の雰囲気に行きついたのだと思います。


――今後はどのようなものを書いていきたいとお考えですか。

荒川:今作と同じようなエンタメホラーな作品のアイデアはいくつもありますので、それを形にしていきたいです。その中にはメイとリズの物語もありますし、その他にもホラー要素強めの作品や、ホラーではない作品の案もあります。書きたいものはたくさんあって仕方がないので、今後も頭の中にある「楽しい」をできる限りの力で出力し続けていきたいですね。


――これからのご活躍も大変楽しみです。最後に、本書を手にした読者にメッセージをお願いいたします。

荒川:読んでいただいた後に、作中の内の誰かを気に入ってもらえていたのなら、作者としては大満足です。うれしい限りです。ただまずは読者さんが楽しんでいただくことが第一ですので、スナック感覚で深く考えずに、ウチの娘たちが走り回る様子をお楽しみください。

作品紹介



異形探偵メイとリズ 燃える影
著者 荒川 悠衛門
定価: 748円(本体680円+税)
発売日:2022年10月24日

第42回横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈読者賞〉受賞作!
漫画家を目指す高校生の秋人(しゅうと)はある晩突然、不気味な「何か」に襲われる。直後、唯一の理解者の兄が行方不明に。兄を捜すべく訪れた奇妙な探偵事務所で秋人は、奇怪な存在「異形」を追っているという所員のメイとリズに出会う。リズの目には、秋人に取り憑く異形の影が映っていた。異形と兄の失踪、そしてリズたちが追うある人物。全てが繋がったとき、驚愕の展開を迎える! 第42回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<読者賞>受賞作。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322206000465/
amazonページはこちら


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP