平安のプレイボーイ・光源氏、中世武士の「人に嫌われない教え」など日本古典文学に広がる豊かな世界。今では古典の世界に魅せられているお二人だけど、実は元から古典がお好きだったわけではなかったそう! 大人になったからこそわかる、古典の楽しみとは?
画像

悩んでばかりの青春時代でした

谷:酒井さんは古典がお好きですか?

酒井:じつは私、中高生の頃は古典にまったく興味がなかったんです。三十歳を超えて、エッセイストとして仕事をしているのに「枕草子」すら読んだことがないのは、いかがなものかと思いまして……。やっと読み始めました。

谷:そうだったんですね。古典関連のエッセイをたくさん書いてらっしゃるから意外でした。古典に興味を持つ若者の割合が昔に比べると減少傾向にあるように思います。ただし私の大学では選択必修の「古典文学史」という授業があるので、そこで「古典の魅力にひきこもう」と思っているんです。それが本書を書いたきっかけのひとつですね。

書籍

『古典のすすめ』

谷 知子

定価 1836円(本体1700円+税)

発売日:2017年11月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『世界一わかりすぎる源氏物語』

    『源氏物語大辞典』編集委員会

    定価 637円(本体590円+税)

    発売日:2011年09月23日

    ネット書店で購入する