川淵三郎がJリーグを立ち上げたのは1993年のこと。あれから24年の月日が経過したが、改革の意欲に何ら変わりはない。長らく混沌としたバスケットボール界に足を踏み入れると、その辣腕を発揮し、ほんの1年半ほどでBリーグを立ち上げて見せた。競技・運営の両面で躍進する千葉ジェッツへの称賛を惜しまぬ川淵と、代表として経営を引っ張る島田慎二。2人の初対談──。
※この対談は『CHIBA JETS FUNABASHI Memorial Book2016-17』に掲載された記事を抜粋して構成したものです。
協力:CHIBA JETS FUNABASHI Memorial Book2016-17、BASKET COUNTバスケット・カウント
画像

「新リーグのチェアマンを」と言われてびっくりした

──まずはお2人がどのように出会ったのかを教えてください。

川淵三郎(以下、川淵):2015年です。クラブの社長をやっている人がチェアマンに適任ではないかと思って、いろんな人を探したんです。過去、バスケットボールを立て直そうとした人や、Jリーグのクラブの元社長とか、何人かに当たってみたんだけど「その任にあらず」という感じで。

島田慎二(以下、島田):タスクフォースに川淵さんが来られて改革を進めていらっしゃる最中ですね。当時、川淵さんはいろんな方と面談されていて、その中の1人が私でした。タスクフォースのメンバーだった境田正樹先生からの紹介でした。

書籍

『千葉ジェッツの奇跡』

島田 慎二

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2017年09月01日

ネット書店で購入する