画像
 ジェットコースターには最上級の怖さを期待する。カレーライスはうんと辛くなければカレーと呼べない。ミステリーにはあっと驚きのラストがほしい。そんな価値観を持つ人にぴったりな本書。ただビックリするだけじゃない。一度読んだらきっと読み返さずにはいられない。
 不妊と夫の浮気に悩む紗英を支える奈津子。二人は互いを誰よりも必要としていた。早い段階で紗英の夫・大志が殺されたことが発覚する。いったい誰に、なぜ殺されたのか? 
 本書のあちこちに巧妙に仕掛けられた伏線があるが、細部にまで目を配った文体に魅せられて、ほとんど気づかなかった。  
 ところが、ラスト近くのたった一言で「あーあれもこれも、おかしかったのだ」とわかる。そして、ただ騙されただけじゃなく、本書のテーマを思い知る。
 それはある愛の形だ。この愛を描くために、この絶妙な設定を選んで本書は著された。
 小説ならではの魅力と驚きを読んで確かめてほしい。
 
>>芦沢央『悪いものが、来ませんように』詳細はこちら

人気上昇中、二人の新鋭作家がターニングポイントとなった作品を語る。文庫化記念対談!"

関連記事

人気上昇中、二人の新鋭作家がターニングポイントとなった作品を語る。文庫化記念対談!

芦沢央『いつかの人質』×徳永圭『XY』 角川文庫、新鋭作家対談。

書籍

『悪いものが、来ませんように』

芦沢 央

定価 648円(本体600円+税)

発売日:2016年08月25日

ネット書店で購入する