menu
menu

レビュー

【レビュアー:中江有里】小説の面白さを存分に味わえる。切実なまでのこの愛にあなたは気づくだろうか。

 ジェットコースターには最上級の怖さを期待する。カレーライスはうんと辛くなければカレーと呼べない。ミステリーにはあっと驚きのラストがほしい。そんな価値観を持つ人にぴったりな本書。ただビックリするだけじゃない。一度読んだらきっと読み返さずにはいられない。
 不妊と夫の浮気に悩む紗英を支える奈津子。二人は互いを誰よりも必要としていた。早い段階で紗英の夫・大志が殺されたことが発覚する。いったい誰に、なぜ殺されたのか? 
 本書のあちこちに巧妙に仕掛けられた伏線があるが、細部にまで目を配った文体に魅せられて、ほとんど気づかなかった。  
 ところが、ラスト近くのたった一言で「あーあれもこれも、おかしかったのだ」とわかる。そして、ただ騙されただけじゃなく、本書のテーマを思い知る。
 それはある愛の形だ。この愛を描くために、この絶妙な設定を選んで本書は著された。
 小説ならではの魅力と驚きを読んで確かめてほしい。

 
>>芦沢央『悪いものが、来ませんように』詳細はこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年3月号

2月10日 配信

怪と幽

最新号
2020年1月号

12月19日 発売

小説野性時代

第196号
2020年3月号

2月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

ドミノin上海

著者 恩田 陸

2

いいからしばらく黙ってろ!

著者 竹宮 ゆゆこ

3

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 有川 ひろ

4

小説 野性時代 第196号 2020年3月号

小説野性時代編集部

5

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

著者 夏川 草介

6

コープス・ハント

著者 下村 敦史

2/10~ 2/16 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP