menu
menu

レビュー

横殴りの雨に打たれるような苦しみのあとに、とびきり美しい風景が待っている『悲しい話は終わりにしよう』

【カドブンレビュー】


No Rain, No Rainbow (雨が降らなければ、虹はかからない)

雨の多い南国ハワイにこの言葉のルーツがあるそうだ。スコールで突然予定が崩れる熱帯の島国を想像すると、いっそう含蓄がある言葉に思えてくる。自分ではコントロールできない事象を受け入れて、その上で前に進もうとする、そんなポジティブなエネルギーに満ちている。

悲しい話は終わりにしよう』は「大学生の市川」と「中学生の佐野」を中心とした二つのパートで物語が進んでいく。舞台は共に長野県の松本市。タイトルからも分かる様に明るいストーリーでは決してない。主人公達を取り巻く状況は厳しく、まるで横殴りの雨の様に否応なく試練が襲ってくる。父親の自殺、母親からの虐待、クラスでのいじめ、そして大切な人の死。

どうしようもない悲しさに囚われて、分かってはいても目の前の辛い現実に向き合えない。せめて、あの時に戻って人生をやり直したい。別の今があったはずなのに。そんな主人公たちの青春はリアリティがある。

作者である小嶋陽太郎と同世代である私には、作中の登場人物一人ひとりの痛みがリアルな感情として伝わってきた。理想の自分と現実の自分とのギャップに苦しみ、だからといって何も行動を起こせず、ただ時間だけが過ぎていく。ほんの少し前の出来事だった自身の学生時代と重ね合わせ、あの頃の自分に想いを馳せずにはいられなかった。

だからこそ、「悲しい話」の結末に示される希望がより強く心に残った。克服する、乗り越えるといった強さではなく、時間をかけて徐々に受け入れて、一歩踏み出していく。等身大の主人公達の物語に勇気が湧いてくる。

地面はひどく濡れていたけれ、嘘みたいに明るい五月の晴天がそこにはあった。地上の水分が次々に蒸発して、日差しと湿気が混じり合っていた。 「すごい雨だったね。でもちゃんとやむんだ」

p.237より


雨はいつか上がる。後にはきれいな虹が輝いて見える。
そう信じて明日も生きていく。


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • テスカトリポカ

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年8月号

7月26日 発売

怪と幽

最新号
Vol.007

4月27日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

テスカトリポカ

著者 佐藤究

2

遠巷説百物語

著者 京極夏彦

3

ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録

著者 中村憲剛

4

黒牢城

著者 米澤穂信

5

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

6

仮面

著者 伊岡瞬

2021年7月18日 - 7月25日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP