高畑充希が演じる新人刑事の牧野ひよりが、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が演じる「イケおじ」退職警官たちと難事件に挑む話題沸騰のドラマ『 メゾン・ド・ポリス 』(TBS系毎週金曜よる10時~)。その原作小説の試し読みを公開!
画像

 第一話 新人女子刑事vs.くせ者おじさん軍団

 

 1

「だから、今年の極楽文庫新人賞の受賞作は、アニメ『魔術学園の転校生』のパクリなんだよ。俺がテレビ局に知らせてやる」
 鼻息も荒くパソコンのキーボードを叩いた後、沖田光おきたひかるは傍らの箱に手を伸ばし、冷めてチーズが固まった宅配のピザにかぶりついた。目の前の液晶ディスプレイに表示されているのは、アニメやマンガ、ライトノベル好きが集まる匿名掲示板だ。
「マジで?」
「神降臨だな。報告よろ」
 すぐに掲示板に別の書き込みがされる。待ち構えていた光は、丸く太い指で油光りするキーボードを再び叩いた。
「任せろ。『スカルズパラダイス』のパクリ問題だって告発したのは俺なんだ。あと、声優の小暮こぐれモモのブログのコメント欄に殺人予告を書き込んだヤツを通報したのだって」
 猛スピードで書き込むと、さらに賛辞の言葉が並んだ。満足し、光はピザを咀嚼しながら肉付きのいい頰を緩めた。
 十九歳の光は都内の私立大学の一年生だが、もう三カ月以上通学しておらず、自宅からも出ていない。きっかけはよく思い出せない。入学早々、在籍する学科の中にできたグループのどこにも入れなかったこと、授業やサークル活動が面白くなかったこと。そんな感じだ。親は通学を促したが、一度「うるさい」と騒いで暴れたらなにも言わなくなった。以後、トイレと風呂は共働きの両親が留守の間に済ませ、ゲームソフトやフィギュアなどはネット通販で購入している。
 その後もしばらく書き込みをしていたが飽きたので、光はマウスを握って画面を切り替えた。パソコンの「お気に入り」フォルダに登録しているサイトを一通りチェックし、最後に「TOKYO ストリーム」を開いた。無料のライブストリーミング配信サイトで、スマホやパソコンを使い、誰でもテレビの生中継のようにリアルタイムで動画を配信することができる。
 画面には文字やイラスト、写真で動画のタイトルが表示された四角い枠がずらりと並んでいる。それを目で追っていくうち、光は一つに目を留めた。タイトルは「デスダンス再臨!」。
「デスダンス……なんだっけ」
 ピザをかじりながら、光は太い首を傾げた。マウスを動かし、「デスダンス再臨!」の枠をクリックした。
 画面が切り替わり、映像の大きな枠が現れた。夜の深い闇を、懐中電灯らしき明かりが頼りなく照らしている。どこかの空き地のようだ。
 画面の横から、ゆらりと火の玉が現れた。その下には人影らしきものがある。なにかわめいているが、くぐもっていて上手く聞き取れない。
 肝試しか、いたずらをする様子を中継するのだろうか。だとしたら、面白がっているのは本人たちだけで、こちらはしらけるというパターンがほとんどだ。マウスを動かしてサイトを閉じようとした時、動画に異変があった。
「熱い! やめろ」
 裏返り気味の男性の声がして、火と人影が左右に激しく揺れる。どうやら火は男性の頭から上がっているようだ。男性は両手を頭に当てて、火を消そうとしているような仕草も見られた。しかし火は男性の頭から胴体、脚へとみるみる燃え移っていく。マネキンではなく本物の人間、CG等の仕かけもなさそうだ。
「助けてくれ! 誰か」
 男性が鬼気迫る声を上げ、カメラに近づいて来る。しかしカメラは微動だにしない。男性以外の声は聞こえず、姿も見えなかった。
 苦痛と恐怖が入り交じった悲鳴を上げ、男性はカメラにぶつかって来た。火だるまになった男性の胸がアップになったのを最後に画面は激しくぶれ、配信は中断された。
「なんだよ今の。マジかよ」
 画面に見入ったまま、光は呟いた。激しい焦りと恐怖を覚え、動悸もした。
 ピザを放り出し、光はキーボードの脇に置いたスマホをつかみ上げた。

書籍

『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』

加藤 実秋

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視』

    加藤 実秋

    定価 734円(本体680円+税)

    発売日:2018年10月24日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト』

      加藤 実秋

      定価 605円(本体560円+税)

      発売日:2019年02月23日

      ネット書店で購入する