お墓が大好きだという著者自ら「さすがにこのタイトルはどうかしている……」とつぶやくほど不思議な小説が誕生しました。
まったく「仏教」の知識がないアナタでも楽しめること間違いなしの本作ですが、基礎知識を知っていればより奥深い世界へと旅立てるはず!
『知っておきたいわが家の宗教』『よくわかるお経読本』(以上、角川ソフィア文庫)など、仏教関連の著作が多数ある瓜生中さんにご協力いただいた仏教トリビアコラムを主人公の春馬と外場との対話形式でお送りします。これを読めばあなたもいままでふんわりとしか知らなかったお寺が身近になること間違いなし!
画像

【人物紹介】

●外場 薫(画像・左)
頭脳明晰、悟り系高校生。好きなものは仏教と和菓子。

●金満 春馬(画像・右)
意識低い系俗物高校生。将来に悩むお年頃。

1.もうすぐお寺が潰れちゃう?


金満:最初でもお金の話をしたけど、そもそも寺の建物自体が木造で、そのへんの家と違ってだれでも建てられるものじゃないし、日本は地震の国だし、保存とかも結構深刻な問題だよね、きっと。
外場:儲かっているお寺もありますが、実際のところ、かなり収支が厳しいお寺も増えてきているようです。そもそも、今の日本のお寺というのは、江戸時代に確立した檀家制度に支えられてきたんです。もともと檀家制度はキリシタン弾圧のために作られた戸籍制度で、これによってすべての日本人は自分が住んでいるところにある菩提寺の檀家になることになりました。以降、日本の寺は葬儀や年忌法要などをすることで収入を得るようになり、財政的に安定することになりました。そして、明治以降もこのシステムは継承され、現在も基本的には寺の多くは檀家制度に支えられているんです。
金満:檀家様々ってわけだ。
外場:しかし、第二次大戦後、都市に人口が集中して核家族化が進んだことなどから、家族や家に対する考え方が大きく変化してきました。それで、先祖供養を基盤にしていた檀家制度にも陰りが見えるようになりました。最近は、お墓は要らないとか、散骨や樹木葬など、先祖代々の墓にはこだわらない人たちも急増していますよね。

書籍

『戒名探偵 卒塔婆くん』

高殿 円

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2018年11月02日

ネット書店で購入する

    書籍

    『政略結婚』

    高殿 円

    定価 1620円(本体1500円+税)

    発売日:2017年06月24日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『漫画版 日本の歴史 2 飛鳥朝廷と仏教 飛鳥~奈良時代』

      山本 博文

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2018年10月24日

      ネット書店で購入する