KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

小学生から圧倒的支持! 「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズの廣嶋玲子が描く、傑作和風ファンタジー、『火鍛冶の娘』が待望の文庫化!

和風古代ファンタジー『送り人の娘』も、カバーをリニューアルして再登場!

KADOKAWAは、 2023年8月24日(木)に、傑作和風ファンタジーとして単行本で話題となった『火鍛冶の娘』を角川文庫から発売します。また、同じく和風ファンタジーの『送り人の娘』の文庫もカバーをリニューアルして発売します。

著者は「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズで知られる、いまもっとも読みたい児童書作家として圧倒的人気の廣嶋玲子さん。両作のイメージを統一するイラストは、数々の人気作の装画を手掛ける丹地陽子さんによるものです。同時に発売&リニューアルされる2つの和風ファンタジーを、ぜひお楽しみください!

火鍛冶の娘



【あらすじ】

古代日本。火鍛冶(ほかじ)の匠を父に持つ少女、沙耶は、父のような火鍛冶になるのが夢だった。
しかし一族には、女は鉄を鍛えてはならないという掟があった。
そこで男と偽り、父が病で逝った後も鍛冶を続けていた沙耶だが、そんな彼女に意外な依頼が。
それは麗しの王子の成人の祝いに、剣を鍛えてほしいというもの。
沙耶は夢中で鍛えるが、その剣は恐ろしい魔剣へと変貌し……。
少女の夢と挫折、そして冒険を描いた傑作和風ファンタジー!

【登場人物】

■沙耶(さや)……天才的な鍛冶の才能を持つ少女。男と偽って鍛冶の匠を目指す。
■阿古矢王子(あこやおうじ)……伊佐穂の国の第一王子。驚くほどに美しい。
■加津稚王子(かづちおうじ)……第二王子。武に秀でた、茶目っ気のある青年。
■護足(ごたり)……武人。沙耶のもとを、剣の製作を依頼しに訪れる。

◆書誌情報

火鍛冶の娘(ほかじのむすめ)
著者:廣嶋 玲子
装画:丹地陽子
発売:2023年8月24日(木)※電子書籍同日配信予定
判型:文庫版、角川文庫より刊行
定価:704円 (本体640円+税)
頁数:240頁
ISBN:9784041137932
発行:KADOKAWA
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322302001395/

送り人の娘



【あらすじ】

人と神とが共存する古代。額に目の刺青を持つ少女・伊予(いよ)は、死んだ人の魂を黄泉に送ることができる「送り人」だ。
平穏に暮らしていたある日、伊予は死んだ狼を蘇らせてしまう。
「蘇り」は決して行ってはならない禁忌のわざ。それを美貌の覇王・猛日王(たけびおう)に知られ、伊予は彼にその身を狙われることに。
人型をとれる妖狼の闇真(くらま)に助けられ、強くなろうとする伊予だが……。
神に選ばれた少女の成長と絆を描く、傑作古代ファンタジー!!

【登場人物】

■伊予(いよ)……死者の魂を黄泉に送る力を持つ、「送り人」。
■闇真(くらま)……妖狼の王。黒銀の毛並みを持つ狼で、人型をとれる。
■猛日王(たけびおう)……大国の覇王。恐ろしいほどの美貌の持ち主で、野心家。

◆書誌情報

送り人の娘(おくりびとのむすめ)
著者:廣嶋 玲子
装画:丹地陽子
※リニューアルカバーで2023年8月24日(木)以降発売予定
定価:748円 (本体680円+税)
判型:文庫版、角川文庫より刊行
頁数:288
ISBN:9784041020647
発行:KADOKAWA
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321405000130/

著者プロフィール

廣嶋 玲子(ひろしま れいこ)
神奈川県生まれ。横浜市立大学卒業。
「水妖の森」で第4回ジュニア冒険小説大賞、「あぐりこ」で第14回児童文学ファンタジー大賞奨励賞、『狐霊の檻』(小峰書店)で第34回うつのみやこども賞受賞。児童書の書き手として圧倒的支持を集め、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ(偕成社)はアニメ化もされ大人気となる。他作品に、『鳥籠の家』「妖怪の子預かります」シリーズ(創元推理文庫)などがある。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP