menu
menu

ニュース

発売2ヵ月で重版5刷&88万部突破! 角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』が各メディアで話題沸騰!

KADOKAWA刊行、角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』(2021年2月25日発売、全20巻)が売れ行き好調につき、重版5刷が決定し、累計88万部を突破しました。


現在の学習まんがジャンルの活況は読売新聞2021年4月13日付文化面で歴史学習まんがの人気が取り上げられるなど、注目を集めています。
多くの読者の皆様、書店様からの熱いご要望にお応えして発売された『世界の歴史』では、2015年に刊行された『日本の歴史』で支持された「東大流」を採用し、歴史の大きな流れをつかむ工夫が満載。もちろん最新の研究成果を反映しています。
本シリーズの監修は東京大学名誉教授 羽田 正。全20巻を年代で区切り、同時代に世界各地で起きたことを多角的に語る「グローバル・ヒストリー」という最先端の歴史理解の方法で、その時代に何が起こったのかを、分かりやすく伝えます。

本シリーズは2020年度からの新学習指導要領にも対応。
2022年度より導入される高校の新必修科目「歴史総合」を見据え、近現代史を重視。 近代7冊+現代4冊、近現代史で11冊以上となり、全20巻のうち5割以上のボリュームを占めています。

また、2020年度の大学入試共通テスト「世界史B」の出題と、『世界の歴史』を編集部が照合したところ、本作のみで【82点】得点できることも判明しました。
(「ダ・ヴィンチニュース」2021年2月26日配信:https://ddnavi.com/news/743358/a/

発売以降、様々なメディアにて監修の羽田先生のインタビューが掲載されております。
YouTube「KADOKAWA児童図書チャンネル」では、羽田先生のインタビューを公開中です。


上記インタビューから、羽田先生のコメントを抜粋してご紹介します。

Q:最先端の歴史理解の方法「グローバル・ヒストリー」とは?
羽田:歴史理解とは基本的にこれまでは国を単位にして考えていました。「グローバル・ヒストリー」は国の枠組みに必ずしもこだわらない。もちろん国の枠組みが大事な場合もあるけど、それを超えていろんな出来事が連動していたりつながっていたり、全体で一つとして考えないとうまく解釈できないようなことがあります。横のつながりに焦点を当てて研究したり描いたり語ったりすることを「グローバル・ヒストリー」と呼んでいます。

Q:全20巻のうち、近現代史で11巻以上も占める理由は?
羽田:私たちの究極的な目標は現代を理解すること。そのためには、自由、平等、民主主義といった価値がいつごろ、どうやって出てきたか。私たちの生活を便利にしてくれるような考え方はいつ頃生まれてきたか。様々な価値や手段の起源を探ろうとするとどうしても近現代(の歴史)になります。近現代を語ることで今の世界がより理解できます。

Q:本シリーズはどのように役立ちますか?
羽田:受験に役に立ちます。もともと本シリーズは高等学校の教科書を参考にして作っているわけですから、そういう意味で受験には当然役に立つわけですね。本シリーズを読んでから教科書を読むと、理解度も深まり、覚えやすくなります。

Q:世界史の面白さとは?
羽田:知らないことを知ることは楽しいですよね。世界史で言えば、今生きている世界は100年前、1000年前は同じだったわけではなくて、それぞれ違う世界があったわけです。そういうものを参考にすることによって、今の世界はこういった特徴があるんだなってことが分かってくる。それが分かるとこれからどこへ行けばいいのか、これから行く方向が分かってくる、ということが世界史の面白さです。
【監修者プロフィール】
羽田正(はねだ まさし):1953年大阪市生まれ。東京大学名誉教授。専門は世界史。現在は、東京カレッジ長を務める。従来のヨーロッパを中心とした世界史像からの脱却をめざし、国民対国家やヨーロッパ対アジアという構図にとらわれない新しい世界史=「グローバル・ヒストリー」の方法による世界史理解を提唱し、各国の歴史学者との共同研究にとりくんでいる。著書に『新しい世界史へ』(岩波新書、2011年)、『グローバル化と世界史』(東京大学出版会、2018年)など多数。

『世界の歴史』に先立って2015年6月に創刊した角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』は、5年連続で「児童書 学習まんが 日本の歴史」ジャンルで売上1位(※)を獲得しております。
(※紀伊國屋書店チェーン「児童書 学習まんが 日本の歴史」ジャンル 2016/1~2020/12、TSUTAYA「児童書・学習漫画・日本の歴史」ジャンル 2016/1~2020/12)
『日本の歴史』は歴史の流れをつかむことを重視する「東大流」で構成され、2020年度からの新学習指導要領に基づいて内容や用語をすべて見直し、最新の情報にアップデートされており、累計部数600万部を突破する大人気シリーズとなりました。

また、昨年2020年につきましては、コロナ禍による巣ごもり需要により、
・年間売り上げで、対前年(2019年)比130%超
・「全巻セット(※)」が2万セットを販売
と、顕著に売り上げが上昇しております。
(※「全巻セット」には『日本の歴史 全15巻定番セット』『日本の歴史 全15巻+別巻4冊定番セット』『日本の歴史 3大特典つき全15巻+別巻4冊セット』の3種類がございます)

『世界の歴史』全20巻すべてのカバーイラストを手がけるのは、スタジオジブリの近藤勝也(こんどう・かつや)さん 。美麗なカバーイラストを見ているだけで、その時代の空気感やドラマがありありと伝わってきます。
「最新の内容」と「圧倒的分かりやすさ、面白さ」を兼ね備えた角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』にぜひご注目ください。

【角川まんが学習シリーズ 『世界の歴史』概要】



【角川まんが学習シリーズ 『世界の歴史』概要】
・名称:角川まんが学習シリーズ 世界の歴史
(かどかわまんががくしゅうしりーず せかいのれきし)
・刊行日:2021年2月25日 ・発行、発売:KADOKAWA
・編集長:田島寛子  ・刊行巻数:全20巻
・対象学年:小・中・高校生~  ・新学習指導要領対応
・仕様:四六判ソフトカバー・総ルビ
・頁数:各巻224頁(資料13ページ、カラーまんが21ページ、モノクロまんが187ページ)
・定価 各巻1,045円(10%税込)  全20巻セット 20,900円(10%税込)
・公式サイト:https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/sekainorekishi/
・内容紹介:売上No.1 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』のKADOKAWAから『世界の歴史』全20巻、一挙刊行!!
★最先端の歴史理解の方法を採用! 「グローバル・ヒストリー」による新構成
★さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」をつかむ工夫が満載
★まんが4160ページの最大ボリューム!いちばんくわしい『世界の歴史』です
★どこよりも最新の情報を掲載!新型コロナウイルス感染症やブラックライヴズマターの話題まで収録


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP