menu
menu

ニュース

有栖川有栖「火村英生シリーズ」30周年記念グッズ予約スタート&最新刊『濱地健三郎の呪える事件簿』発売!

江神二郎、火村英生に続く、異才の探偵。

有栖川有栖さんが初めて探偵事務所を舞台にした大人気シリーズ。心霊探偵・濱地健三郎の新刊が発売されました!



濱地健三郎の呪(まじな)える事件簿
著者 有栖川有栖
定価: 1,925円(本体1,750円+税)

本作から読んでも楽しめる! ミステリの名手が贈る心霊探偵小説第3弾!

「首なし死体がどこかで出る、と予告しているんですね?」
謎に満ちた心霊現象 vs. 比類なき名探偵


探偵・濱地健三郎には鋭い推理力だけでなく、幽霊を視る能力がある。彼の事務所には、奇妙な現象に悩む依頼人のみならず、警視庁捜査一課の刑事も秘かに足を運ぶほどだ。リモート飲み会で現れた、他の人には視えない「小さな手」の正体。廃屋で手招きする「頭と手首のない霊」に隠された真実。歴史家志望の美男子を襲った心霊は、古い邸宅のどこに巣食っていたのか。濱地と助手のコンビが、6つの驚くべき謎を解き明かしていく――。

2022年9月30日(金)発売
KADOKAWA 刊 1,925 円(10%税込み)
四六判上製 296 頁 
書誌ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322104000334/

「火村英生シリーズ」30周年を記念したオリジナルグッズが誕生!


臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖(アリス)コンビが活躍する「火村英生シリーズ」が、今年30周年を迎えます。1992年『46番目の密室』から始まり、その数は30年間で27作品、87タイトル。たくさんの読者から愛され続けるこのシリーズの30周年を記念したオリジナルグッズが完全受注生産にて販売開始しました。企画の段階から著者の有栖川有栖さんにもご意見をいただき、とても素敵なグッズが完成しました。ぜひ、一緒に火村&アリスの30周年をお祝いしましょう!

グッズ① 【小冊子付き】火村と暮らす3匹の猫ブローチ(瓜太郎/小次郎/桃)







火村の下宿先で飼われている3匹の猫をモチーフにしたブローチは、それぞれの特徴をイメージしたストーンが選ばれています。こちらのアイテムには有栖川さん書き下ろし短編小説「猫と婆ちゃんと准教授と」の小冊子がセットになっています。ここでしか読めない完全オリジナルストーリーです。

●販売価格:各11,000円(税込)
●3種セット販売価格:31,900円(税込)
●予約期間:2022年9月27日(火)10:00~2022年10月30日(日)23:59
●お届け予定:2023年1月下旬より順次発送いたします。

グッズ② 火村&アリス記念コインネックレス





コインネックレスはK18イエローゴールドを使用し、表面には火村とアリスのイニシャルが刻印されています。反対の面には有栖川さんファンにはおなじみのチェシャ猫のモチーフが彫られています。ひとつひとつにシリアルナンバーが刻まれ、オリジナルケースが付属します。さらに、有栖川さんによる一言メッセージつきの直筆ミニサイン色紙も併せてお届けいたします。

●販売価格:74,800円(税込)
●予約期間:2022年9月27日(火)10:00~2022年10月30日(日)23:59
●お届け予定:2023年1月下旬より順次発送いたします。

グッズ③ 30周年記念『狩人の悪夢』Tシャツ




有栖川さんのアイデアから発売が決まった、火村シリーズ作品『狩人の悪夢』のオリジナルTシャツ。オリジナルTシャツには、『狩人の悪夢』から抜粋されたエピソードと、有栖川さんからのミニメッセージを収録した特別ペーパーが同封されます。

●販売価格:4,950円(税込)
●予約期間:2022年9月27日(火)10:00~2022年10月30日(日)23:59
●お届け予定:2023年1月下旬より順次発送いたします。

有栖川有栖さんからのメッセージ

火村英生&有栖川有栖のコンビが難事件に挑むシリーズが30周年を迎えたのを記念して、グッズが発売されます。
ご存じのとおり火村は大の猫好きで、瓜太郎・小次郎・桃という3匹(いずれも彼か彼の下宿の婆ちゃんが保護した猫)と暮らしており、また作者である私自身も猫とじゃれながら小説を書いているので、猫をモチーフにしたものがいくつかできました。
拙著の巻末あとがきに添えているロゴマーク(チェシャ猫)がコインネックレスになったり、瓜太郎・小次郎・桃がブローチになったり。
いずれもハイセンスで、ブローチは、男性でもジャケットの襟やバッグや帽子に付けるなどしておしゃれに使っていただけるでしょう。
性別を問わず買いやすいものもあれば、と考えて「Tシャツはどうでしょう。『狩人の悪夢』のカバーデザインをあしらったものとか」と提案したら、めでたく採用されました。とても美しいTシャツです。
私も「ネックレスの箱はこのデザインにしましょう」「ブローチの石、どれもきれいですね」などと言うだけではなく、掌編小説を書きました。
火村&アリスと猫たち、そして婆ちゃんしか登場しないこのスペシャルな物語は小冊子に。
さらに、作家デビュー30周年の際に販売された特製万年筆と英都大学のロゴ入りボールペンが再販されます。
お気に召したものがあれば、どうかこの機会にお求めください。

【火村英生シリーズ30周年記念グッズの詳しい情報はこちら!】
https://kadobun.jp/special/arisugawa-arisu/himura30th/

【再販売する有栖川有栖作家デビュー30周年記念グッズの詳しい情報はこちら!】
▼【再販】有栖川有栖デビュー30周年記念「臨床犯罪学者・火村英生の推理」英都大学ボールペン
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301907000752/

▼【再販】有栖川有栖デビュー30周年記念限定モデル万年筆
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301907000756/

【濱地健三郎シリーズ既刊 好評発売中】
・濱地健三郎の霊なる事件簿
https://www.kadokawa.co.jp/product/321902000609/

・濱地健三郎の幽たる事件簿
https://www.kadokawa.co.jp/product/322001000219/

著者プロフィール

有栖川有栖(ありすがわ・ありす)

1959年生まれ。大阪府出身。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながら創作活動を行い、94年作家専業となる。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。推理作家・有栖川有栖と犯罪学者・火村英生のコンビが活躍する「火村英生(作家アリス)シリーズ」は、開始後30年となる今も人気を誇り、18年に第3回吉川英治文庫賞を受賞。他の作品に『濱地健三郎の霊なる事件簿』『濱地健三郎の幽たる事件簿』『こうして誰もいなくなった』『捜査線上の夕映え』など。


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP