menu
menu

ニュース

「銭天堂」廣嶋玲子さん新作発売記念!『おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!』インタビュー


小学生向けの読み物ジャンルでヒット作を連発!「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズがアニメ映画化(2020年4月末公開予定)されるなど、今、注目の作家・廣嶋玲子さん。そんな廣嶋さんの新刊『おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!』が発売されます。作品が生まれたきっかけやお気に入りのシーン、おすすめの楽しみ方は……? 創作の原点となる、子どもの頃に夢中だったことについてもお聞きしました。「ヨメルバ」掲載の一部を公開します!

保健室の先生は、おっちょこちょいの魔女!?


左:おっちょこ先生 右:いさな


――勉強はちょっと苦手だけど、元気いっぱいの小学5年生の女の子いさなが、給食のお味噌汁をすすったとたん「あちっ!」。舌を火傷してしまい、保健室に駆け込みます。目あては、保健室の乙千代子(おつ・ちよこ)先生、通称おっちょこ先生が白衣のポケットに入れているキャンディ。けれども先生の姿は見えず、いたのは人間の声でぴーぴーと叫ぶハムスターだけ。「まさか、おっちょこ先生がハムスターになっちゃったの?」「保健室の先生が、じつは魔女だった!?」なんて想像するだけでわくわくしますね。

学校の保健室って、異世界みたいなところがありますよね。学校の中だけど学校でないような場所で、子どもには憩いの場だったり、よく分からない薬が棚に並んでいたり。私もずいぶん保健室の先生にお世話になりました。不思議なことに誰々先生は苦手、嫌いという子はいても、保健室の先生を嫌いな子はいなかったんですよね。周りの子もみんな、保健室の先生は教師だと思ってなかったんじゃないかしら。私も、学校の先生とは違う、甘えてもいい存在だと思っていました(笑)。


――このおはなしのおっちょこ先生も、全然教師らしくないですよね。

そうですね。おっちょこ先生はまたドジで頼りないというか……薬や絆創膏の場所を忘れるし、物を壊したり、コーヒーやお茶をこぼしたり。本当は自分が魔女であることを知られてはいけないはずなのに、うっかり魔法のかけ方を間違えて、学校で自分をハムスターにしちゃうし、それをいさなに見られてしまうし(笑)。しかも、開き直って、いさなに魔法を解く手伝いをさせちゃうんですから。

続きは、「ヨメルバ」(https://yomeruba.com/news/entry-9897.html)へ


廣嶋 玲子:作家。『水妖の森』(岩崎書店)で、ジュニア冒険小説大賞受賞。主な作品に『送り人の娘』『こちら、ハンターカンパニー 希少生物問題課!』(すべてKADOKAWA)、「魔女犬ボンボン」シリーズ、『神様ペット× 』『世界一周とんでもグルメ』(すべて角川つばさ文庫)、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ(偕成社)、「十年屋」シリーズ(静山社)、「鬼遊び」シリーズ(小峰書店)などがある。

本作の第1章ためし読みはコチラから!
https://yomeruba.com/news/entry-9854.html

紹介した書籍


おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!
作/廣嶋玲子 絵/ひらいたかこ
定価990円(900円+税) 発売日2020年3月13日
https://www.kadokawa.co.jp/product/321908000562/



紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP