menu
menu

ニュース

米澤穂信『黒牢城』4大ミステリランキング完全制覇!山田風太郎賞を含め5冠達成の快挙!

KADOKAWAより2021年6月2日に刊行しました、米澤穂信著『黒牢城こくろうじょう』が史上初、4大ミステリランキングすべてで第1位を獲得し完全制覇。第12回山田風太郎賞を含めると5冠を達成する快挙を成し遂げました。

「ミステリが読みたい! 2022年版」(ハヤカワミステリマガジン2022年1月号)国内篇 第1位
週刊文春ミステリーベスト10(週刊文春2021 年12 月9 日号)国内部門 第1位
『このミステリーがすごい! 2022年版』(宝島社)国内編 第1位
『2022本格ミステリ・ベスト10』(原書房)国内ランキング 第1位
第12回山田風太郎賞受賞
※ランキングは発行日順です

▼『黒牢城』特設サイト
https://kadobun.jp/special/kokurojyo/



作家デビュー20周年を迎える米澤穂信氏の集大成であり、ミステリの精髄と歴史小説の王道を究めたと言える本作。乱世を生きる果てに救いはあるか。
舞台は戦国ながら、現代を生きる皆さんの心にも刺さる作品です。自信を持ってお勧めします!この機会にぜひ読んでみてください。

『黒牢城』について 


『黒牢城』書店店頭用POP画像


◆あらすじ
「おぬしならばこの曲事を解ける」

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。
作家デビュー20周年の集大成!戦と推理、劇的人間ドラマ。

◆書誌情報
作品名:黒牢城 ※ルビ:こくろうじょう
著者名:米澤穂信
発売日:2021年6月2日(水)★電子書籍も配信中
定 価:1,760円(本体1,600円+税)
頁 数:448頁
装 丁:岩郷重力+WONDER WORKZ。
体 裁:四六判上製 単行本
発 行:株式会社KADOKAWA
初 出:「文芸カドカワ」 2019年2月号、3月号/「カドブンノベル」 2020年1月号~3月号、6月号~8月号、10月号、11月号
▼作品情報ページ:
https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000890/

著者紹介

米澤穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。11年に『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年には『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』および15年発表の『王とサーカス』は3つの主要年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続三冠を達成した。他の作品に『真実の10メートル手前』『いまさら翼といわれても』『本と鍵の季節』『Iの悲劇』『巴里マカロンの謎』などがある。


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年1月号

12月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.009

12月21日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP