menu
menu

ニュース

『自閉症は津軽弁を話さない』9月24日(木)にソフィア文庫から発売!

学会を巻き込んで大反響を呼んだ1冊が手に取りやすい文庫になって登場

KADOKAWAは、2020年9月24日(木)に角川ソフィア文庫の1冊として『自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く』(著:松本敏治)を発売します。


書影(オビ付き)


「今日の健診でみた自閉症の子も、お母さんバリバリの津軽弁なのに、本人は津軽弁しゃべんないのさ(喋らないんだよね)」という著者の奥さんの一言から始まった「自閉症と方言」研究は10年に及び、関係者を驚かせる結果をもたらすものになりました。

親本刊行時には数多くの媒体に取り上げられ大きな反響を呼んだ1冊を、刊行から約3年の時を経て角川ソフィア文庫として発売することになりました。また、今回のソフィア文庫版には「文庫版あとがき」を新規で収録しています。

【内容紹介】

「自閉症者は津軽弁を話さない」!? 10年にわたる研究、話題作が文庫化!「今日の健診でみた自閉症の子も、お母さんバリバリの津軽弁なのに、本人は津軽弁しゃべんないのさ」――津軽地域で乳幼児健診にかかわる妻が語った一言。「じゃあ、ちゃんと調べてやる」。こんなきっかけで始まった「自閉症と方言」研究は10年に及び、関係者を驚かせる結果をもたらすものとなった。方言の社会的機能を「意図」というキーワードで整理するなかで見えてきた、自閉症児のコミュニケーションの特異性に迫る。

【目次】

発端
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」
第15章 コミュニケーションと意図
謝辞
※「文庫版あとがき」を新規収録



【著者略歴】

松本敏治(まつもと・としはる)
1957年生まれ。博士(教育学)。公認心理師、特別支援教育士スーパーバイザー、臨床発達心理士。1987年、北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。1987~89年、稚内北星学園短期大学講師。89~91年、同助教授。91~2000年、室蘭工業大学助教授。00~03年、弘前大学助教授。03~16年9月、弘前大学教授。11~14年、弘前大学教育学部附属特別支援学校長。14~16年9月、弘前大学教育学部附属特別支援教育センター長。16年10月より、教育心理支援教室・研究所『ガジュマルつがる』代表。

【書誌情報】

書名:自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く
著者:松本敏治
発売日:2020年9月24日(木)※電子書籍同日配信予定
定価:本体980円+税
ISBN:9784044006204
角川ソフィア文庫
発行:KADOKAWA
カバーイラスト:原田世詩男
カバーデザイン:原田郁麻
https://www.kadokawa.co.jp/product/322003000236/



紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP