menu
menu

ニュース

発売即重版!ステージ4のがんから復帰した笠井信輔さん書籍『生きる力』大きな話題に!

テレビ、ラジオ、新聞など数多くの媒体で紹介されて売れ行き好調

KADOKAWAは2020年11月18日(水)に発売した『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』(著:笠井信輔)について、発売から1週間で2刷目を決定しました。

フジテレビのアナウンサーとして活躍し、50代も半ばを過ぎてフリーに転身。その直後にステージ4の悪性リンパ腫であることが発覚した笠井信輔さん。一時は死を覚悟するほどの絶望のなかで、家族や友人からの励まし、医療者たちとのかかわりやSNSへのメッセージーー小さな希望を積み上げ、がんで失った引き算を足し算に変えてきた日々を、本書『生きる力  引き算の縁と足し算の縁』に綴りました。

発売前から大きな話題となった本書は既に新聞、テレビ、ラジオ、WEBの多くの媒体で紹介され、全国的に好調な販売状況にて推移しています。また、今後についても多くの媒体にてご紹介いただける予定になっており、3刷以降の重版についても社内にて検討しています。

【著者・笠井信輔さんのコメント】
「たちまち重版」という新聞広告を見ていつもすごい本があるなぁと思っていましたが、まさか自分の本がそんなふうにしていただけるものになるなんて、驚きと喜びでいっぱいです。

「本を読んで涙が止まりません」
「前向きに生きる力がもらえました」

そんな感想をいただいて、本当に書いてよかったなと思っています。ありがとうございます。

【書誌情報】
書名:生きる力 引き算の縁と足し算の縁
著者名:笠井信輔

発売日:2020年11月18日(水)
定価:本体1400円(税別) ※電子書籍も同時配信
体裁:四六判
ISBN:978-4-04-109999-5
ページ数:296
発行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000365/
https://www.amazon.co.jp/dp/4041099994



【著者プロフィール】
笠井信輔(かさいしんすけ)

1963年、東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、アナウンサーとしてフジテレビに入社。「とくダネ!」など、おもに情報番組で活躍。2019年10月、フリーアナウンサーに転身。直後、ステージ4の悪性リンパ腫であることが発覚。12月より入院、治療を始める。ブログで闘病の様子をつづり、ステイホームの呼びかけ(#うちで過ごそう)も行った。4月退院。6月に完全寛解し、7月から仕事に復帰した。映画通としても知られ、新作映画を年間130本以上スクリーンで観る。家族は妻と3人の息子。著書に『増補版 僕はしゃべるためにここ(被災地)へ来た』(新潮文庫)。ブログ「笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい」。インスタグラムのフォロワーは29万人超。


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年2月号

1月12日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP