menu
menu

ニュース

快挙! 映画『未来のミライ』が第46回アニー賞の長編インディペンデント作品賞を受賞!

スタジオ地図・細田守監督から喜びのコメントが到着!

この度、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞の各部門の受賞作品が発表され、『未来のミライ』が長編インディペンデント作品賞を受賞致しました。長編インディペンデント作品賞を受賞したのは、日本人監督作品として初の快挙となります。
アメリカのロサンゼルスで開催された授賞式に参加したスタジオ地図・細田守監督より喜びのコメントが到着致しました!

【細田守監督コメント】

名前を呼ばれたときに驚きましたが、本当に嬉しかったです。この映画は私の子供をモデルにしたプライベートな作品なんですが、こんなに小さな作品が世界を網羅する大きな賞をいただき、世界中の人と手をつなぐことができた、気持ちが通じ合えたということに、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。日本のとある普通の家族の話が、いろんな国の人たちに届き、観ていただけたということを光栄に思います。『未来のミライ』を観てくださった人たち、スタジオ地図のみんな、そして奥さんと子どもたちに感謝しています。どうもありがとう。


映画「未来のミライ」はBlu-ray&DVDが好評発売&レンタル中となります。
細田監督自ら手がけた原作小説も角川文庫より発売中です! あわせてご家庭にてお楽しみください!

【映画『未来のミライ』詳細情報】

誰もがみんな“くんちゃん”だった――
小さな男の子の成長と、過去と未来をつなぐ家族の物語!

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。妹に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん――。そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女と出会います。彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母との不思議な体験、そして父の面影を宿す青年との出会い。そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは? ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治

監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行 秦綾子
美術監督:大森崇 髙松洋平
音楽:高木正勝
オープニングテーマ「ミライのテーマ」
エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図

http://mirai-no-mirai.jp/

【原作小説『未来のミライ』詳細】

内容紹介:小さな庭に、小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんのもとに生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんは未来からきた妹・ミライちゃんと出会いました。彼女に導かれ、時をこえた冒険へに旅立ちます。むかし王子だったと名乗る謎の男、幼い頃の母、父の面影を持つ青年。様々な出会いを経て、くんちゃんが最後に辿り着く場所とは?――。細田守監督が書き下ろす原作小説!

定価:560円(+税)
発行:KADOKAWA 角川文庫刊
https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000129/

https://promo.kadokawa.co.jp/mirai-no-mirai/


カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP