menu
menu

ニュース

角川文庫とクラフトビールメーカー「CRAFTROCK BREWING」がコラボ!作家・小野寺史宜さんの掌編に合わせたオリジナルクラフトビールを9月2日から発売!

9月2日(土)CRAFTROCK BREWPUB&LIVE(COREDO室町テラス)でイベント開催決定!

クラフトビールと小説のペアリング
オリジナルクラフトビール「平林(Hirabayashi)」とビールの泡が消えないうちに読むストーリー『バーとビールと平林』を共に楽しむ


今回のオリジナルクラフトビールをつくるのは「CRAFTROCK BREWING(株式会社ステディワークスが運営)」。野外フェスやサーキットイベント「CRAFTROCK FESTIVAL」などを開催し、数々のミュージシャンとのコラボ実績のあるブルワリーが、今回初の小説とのコラボです!

著作すべてに「ビール」が登場 “ビール作家・小野寺史宜”

本屋大賞2位になった『ひと』をはじめ、日常の営みを温かいまなざしで描く作品が人気の小野寺史宜さん。小野寺さんの著書42作(2023年7月時点)のうち、共通して登場する飲み物が「ビール」です。角川文庫『今日も町の隅で』に収録の「君を待つ」の主人公は、地ビール会社「蜜葉ビール」に勤めており、今回のコラボレーションのきっかけにもなった作品です。

また、小野寺さんは過去にバンド活動もしていた音楽好きでもあり、「CRAFTROCK BREWING」のビールには必ずインスパイア楽曲があるというコンセプトにもぴったりの作家さんです。


クラフトビールと小説のペアリング

今回のコラボレーションの出発点は、ビール1杯を飲む間に楽しめる小説=ビールの泡が消えないうちに読むストーリー。小野寺さんはビールをテーマにした掌編小説を執筆。その掌編にマッチするオリジナルクラフトビールを「CRAFTROCK BREWPUB & LIVE」で小野寺さんにも参加してつくっていただきました。

オリジナルクラフトビール「平林(Hirabayashi)」

English Pale Ale  ABV 4.0% IBUs 30


(画像はイメージです。実際の商品とはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます。)

フローラルで華やかなホップの香りと酵母のフルーティな香り、ほのかなカラメルフレーバーとじわっとくる苦味、フィニッシュにはウッディなニュアンス。飲み応えがありそうに見えて、低アルコール故にサラッと飲める。
実際にイギリスのパブで飲んでいるような、どこか郷愁漂うビールです。

「平林 (Hirabayashi)」を飲みながら楽しむ書き下ろし掌編小説『バーとビールと平林』

クラフトビール「平林 (Hirabayashi)」は「CRAFTROCK BREWING」の各店舗で味わうことができます。オーダーしていただくとビールと一緒にスペシャルコースターが付いてきます。そこに印字された二次元コードからお持ちのスマートフォンや端末から読み込んでお楽しみいただけます。

発売を記念してトークイベントを開催!

コラボビール発売日となる9月2日(土)、作家・小野寺史宜さんと「CRAFTROCK BREWPUB & LIVE」で醸造長を務める鈴木諒さんによるトークイベントを開催します。コラボビールの醸造過程や小説の話など、ビール好き、小説好きどちらも楽しめるイベントです。

【イベント概要】
日程:2023年9月2日(土)
会場:CRAFTROCK BREWPUB&LIVE(COREDO室町テラス1F)
時間:入場受付 14:00 開始時刻 14:30 
(終了16:30頃予定)
入場料 : 無料 (お席にてドリンクやお料理のオーダーをお願いしています)

詳細・参加お申し込みについては、
https://kadobun.jp/feature/readings/entry-68573.html
をご確認ください。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年9月号

8月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年10月号

9月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.014

8月31日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP