KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

KADOKAWA文芸編集部の4月の新刊お披露目!「年間総合はてなブログランキング」第1位著者による珠玉の短編集『生命活動として極めて正常』(八潮久道)、現役弁護士作家が贈る青春×リーガルミステリの金字塔『密室法典』(五十嵐律人)!

KADOKAWA文芸編集部の4月の新刊!

KADOKAWA文芸編集部がお届けする4月の文芸単行本新刊が揃いました。

▼最新情報はこちらから!
KADOKAWA文芸編集部Xアカウント @kadokawashoseki

八潮久道『生命活動として極めて正常』(04月24日発売)



抱腹絶倒の後、強烈なオチが待ち構える珠玉の短編集。

「男ばかりの老人ホームで、姫として君臨するおじいさんが、全然なびかないおじいさんを落とそうとする話」、「人が死んでも、書類がどんどん発行されて出来事が流れるように処理されていく会社の景色の話」、「顧客としての人間が評価されるシステムができたという未来の仕組みの闇に取り込まれた青年の話」……。誰も考えなかった「if」の世界が、ここにある。カクヨム発! 抱腹絶倒の後、強烈なオチが待ち構える珠玉の短編集。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322312000036/

五十嵐律人『密室法典』(04月24日)



密室の謎を解き SNSでバズらせよ! 青春リーガルミステリの金字塔!

霞山大学の法学部から、同大学のロースクールへと無事に進学した古城行成。古城が運営する「無料法律相談所」(通称「無法律」)は、自称助手の経済学部四年、戸賀夏倫と、法学部四年、矢野綾芽を交わえ、持ち込まれた法律が関わる事件を解決する自主ゼミである。
密室状況にある模擬法廷の証言台の前で、恐竜の着ぐるみが倒れていた監禁事件、2通の遺言書を作成した医者の不審死とダイイングメッセージの謎、官庁訪問の会場で相談された雪山での遭難事件などの経験を通じて、古城たちは少しずつ、法の真理と人間への洞察を深めていく。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322212001336/


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP