KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

日本最恐のヤクザ・工藤会の凋落を地元紙記者が執筆! 書籍『落日の工藤会』3月31日発売!

北九州が「修羅の国」と呼ばれるようになった真相

KADOKAWAは、西日本新聞取材班・著書の『落日の工藤会』を3月31日(金)に発売します。

福岡県・北九州市に拠点を置き、日本で唯一の特定危険指定暴力団に指定されている工藤会。2021年8月には工藤会総裁の野村悟被告に推認のみで死刑判決が出され、話題となりました。裁判では、判決を不服とし、裁判官を「あんた、生涯このこと、後悔するよ」と恫喝した野村被告。

なぜ工藤会は特定危険指定暴力団になったのか。なぜ福岡県、特に北九州市はネット上で「修羅の国」と揶揄されるようになったのか。工藤会の構成員たちが跋扈する北九州の夜の飲食店で、実際にどんなことが起きていたのか。これらの謎が一気に解ける本書は、九州最大のブロック紙・西日本新聞社の記者たちが長年取材した記事を元に、工藤会の栄枯盛衰をまとめあげました。

2014年に福岡県警が総力を挙げ、工藤会壊滅作戦を実行したことで逮捕された野村被告。2021年8月の死刑判決後、判決を不服と控訴したものの、弁護団を解任するなど、世間からの注目を浴びる野村被告の控訴審初公判が2023年9月に行われることが決まりました。初公判の前にこれまでの野村被告の足跡、工藤会の栄枯盛衰がよくわかる内容となっている本書をご一読ください。

目次

序章:衝撃の死刑判決
1章:武闘派ヤクザの生い立ち
2章:ヤクザと海
3章:代替わりと変容
4章:壊滅作戦前夜
5章:異例の捜査と舞台裏
6章:法廷の全面対決
7章:凋落する工藤会
巻末:判決文抜粋掲載

書誌情報



タイトル:『落日の工藤会』
著者:西日本新聞取材班
判型:四六判
頁数:240ページ
発売日:2023年3月31日(金)
定価: 1,870円(本体1,700円+税)
ISBN:9784041122044
発 行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/322109000867/

著者プロフィール

西日本新聞取材班(にしにっぽんしんぶんしゅざいはん)
西日本新聞は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の5県を発行エリアとするブロック紙で、本社を福岡市に置いている。創刊は1878年。工藤会トップ裁判の取材班は、本社社会部と北九州市にある北九州本社の記者を中心に構成し、公判や未解決事件の捜査、工藤会の実態や組員の離脱支援なども取材している。工藤会関連の記事は、本紙ウェブサイトで一部を公開している。
https://www.nishinippon.co.jp/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP