KADOKAWA Group
menu
menu

ニュース

俳優・戸塚純貴と作家・くどうれいんによる初のタッグが実現。本日発売の『ダ・ヴィンチ 2023年9月号』にて二人の新連載がスタート!!

ドラマ「だが、情熱はある」で話題の俳優・戸塚純貴と、戸塚と同郷である岩手県出身の作家・くどうれいんによる新連載が、本とコミックの娯楽マガジン『ダ・ヴィンチ 2023年9月号』にてスタートしました。

ドラマ「だが、情熱はある」でお笑い芸人のオードリー・春日俊彰役を演じ、話題沸騰中の俳優・戸塚純貴と、小説やエッセイ、短歌、俳句などで幅広く活躍する岩手県在住の注目作家・くどうれいんによる新連載が本日発売の『ダ・ヴィンチ 2023年9月号』より始まります。

先日、2024年春から始まるNHK連続テレビ小説「虎に翼」への出演が発表された戸塚と、2021年に発表した小説『氷柱の声』では芥川賞候補に、そして現在は『群像』や『小説新潮』などをはじめ多数の連載を抱えるくどう。時代の先端をゆく2人の“岩手県民”による初のタッグとなっています。気になる連載タイトルは「登場人物未満」。


連載第一回目のアザーカット(写真=干川 修)

連載第一回では、渋谷のスクランブル交差点で宙を舞う戸塚の写真が掲載(上はそのアザーカット)。早朝の渋谷で多数撮影されたカットから、厳選された一枚。それを受けたくどうの驚くべき発想の跳躍ぶりは、誌面で是非目撃してください。

戸塚純貴からのコメント



同郷という繋がりから生まれたこの連載企画は自分にとって待ち望んでいたものでした。
役のようで役ではない、存在しているようで存在していない世界にくどうれいんさんが命を吹き込んでくれます。
身近な日常の景色に身を委ね、自分の活きた姿を見せ続けられたらと思っています。

プロフィール

戸塚純貴(とづか じゅんき)
1992 年生まれ。岩手県出身。俳優。主な出演作に、映画「銀魂Ⅱ」、ドラマ「かりあげクン」「だが、情熱はある」などがある。主演ドラマ「スーパーのカゴの中身が気になる私」が放映中。8月26日に24時間テレビ46SPドラマ「虹色のチョーク」が放送。

くどうれいんからのコメント



現実はドラマではないけれど、日常はシーンのような会話の連続で、人はみな、スクリーンに映ることがなくても誰かの人生の登場人物だと思うのです。どんな人物の器にもつるりと滑り込んで役として立つ戸塚さんの力を借りて、この街のどこかにいるかもしれない人々を書いてみたいと思っています。

プロフィール

くどうれいん
1994年生まれ。岩手県出身。作家。著書にエッセイ集『わたしを空腹にしないほうがいい』『桃を煮るひと』など。初の中編小説『氷柱の声』で第165回芥川賞候補となる。俳句短歌は工藤玲音名義で活動。

『ダ・ヴィンチ 2023年9月号』(8月4日発売) 


『ダ・ヴィンチ』2023年9月号表紙


主な内容
●いつわりのない言葉でさらけ出す 芸人×エッセイの美学
●八木勇征 in ハリー・ポッター
●いま出合うべき! 山岸涼子ホラーワールド
●BATTLE OF TOKYO 最前線 
[座談会]片寄涼太(GENERATIONS)×RIKU(THE RAMPAGE)×木村慧人(FANTASTICS)×WEESA(PSYCHIC FEVER)
●映画「キングダム 運命の炎」[インタビュー]大沢たかお/原 泰久

[新連載]
加藤俊甫「煙の中に在る話」
戸塚純貴×くどうれいん「登場人物未満」
鈴木涼美「めめSHEやつら」

◆書誌情報
ダ・ヴィンチ9月号
発売日:2023年8月4日(金)
定価:770円 (本体700円+税)
体裁:A4判
表紙:八木勇征
発行:KADOKAWA
全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。
詳細は<https://www.kadokawa.co.jp/product/322301000668/>をご確認ください。


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP