menu
menu

ニュース

2023年に読まれた本はコレだ! KADOKAWA THEベストフェア ~ミステリー&サスペンス編~ 12月21日まで開催中!

早いもので、もう12月。「年末年始に読む本をチェックしておこうかな」という人も多いのではないでしょうか。
そんなあなたにおすすめの 「2023年に読まれた本はコレだ! KADOKAWA  THEベストフェア ~ミステリー&サスペンス編~」が各電子書籍ストアで開催中です。2023年が終わる前に読んでおきたい、注目のミステリー&サスペンス作品が大集合! 気になる対象作品が、今ならなんと30~50%OFFでお得に楽しめます。
自宅でも外出先でも、スマホやタブレットで手軽に読める電子書籍。ぜひ電子書籍ストアを覗いて、楽しい読書時間をお過ごしください!

★いますぐ購入したい方はこちらから

「2023年に読まれた本はコレだ! KADOKAWA  THEベストフェア ~ミステリー&サスペンス編~」おすすめ本ピックアップ!

読み逃せない人気シリーズ

彼には、真実も幽霊ゴーストも視えている――

濱地健三郎のくしびなる事件簿
著者:有栖川有栖



心霊探偵・濱地健三郎には鋭い推理力と幽霊を視る能力がある。事件の加害者が同じ時刻に違う場所にいる謎、ホラー作家のもとを訪れる幽霊の謎、突然態度が豹変した恋人の謎……ミステリと怪談の驚異の融合!

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321902000637/

★シリーズ続刊 『濱地健三郎のかくれたる事件簿』(角川文庫)、『濱地健三郎のまじなえる事件簿』(KADOKAWA単行本)もフェア対象!

TVドラマ「鍵のかかった部屋」原作の人気シリーズ、5冊まとめて一気読み!

防犯探偵・榎本シリーズ【5冊 合本版】 『硝子のハンマー』『狐火の家』『鍵のかかった部屋』『ミステリークロック』『コロッサスの鉤爪』【電子特典付き】
著者:貴志祐介



泥棒にして防犯コンサルタントの榎本径と、弁護士の青砥純子のコンビが、数々の難事件に挑む人気シリーズが一気に読めるお得仕様。『硝子のハンマー』『狐火の家』『鍵のかかった部屋』『ミステリークロック』そして『コロッサスの鉤爪』を収録。

※本電子書籍は『硝子のハンマー』『狐火の家』『鍵のかかった部屋』『ミステリークロック』『コロッサスの鉤爪』の5冊を合わせた合本版です。
※『ミステリークロック』『コロッサスの鉤爪』は単行本『ミステリークロック』を2冊に分冊した文庫の電子書籍になります。
※電子書籍特典として、TVドラマ版の名キャラクター、弁護士・芹沢豪が主人公の番外編『一服ひろばの謎』を収録しています。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000350/

新たなヒロインが警察小説に誕生!新鋭著者による書き下ろし

刑事に向かない女
著者:山邑 圭



採用試験を間違い、警察官となった椎名真帆は、交番勤務の優秀さからまたしても意図せず刑事課に配属されてしまった。殺人事件を担当することになった真帆の、刑事としての第一歩がはじまるが……。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000206/

★シリーズ続刊『刑事に向かない女 違反捜査』『刑事に向かない女 黙認捜査』(いずれも角川文庫)もフェア対象!

常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い

孤狼の血
著者:柚月裕子



昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく――。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321607000248/

★シリーズ続刊『凶犬の眼』『暴虎の牙 上』『暴虎の牙 下』(いずれも角川文庫)もフェア対象!

2023年に映像化された注目作

元マル暴とエース刑事が相棒に? 警察小説新シリーズ!

警視庁アウトサイダー
著者:加藤実秋



【2023年1月にTVドラマ化】
警視庁桜町中央署エース刑事の蓮見光輔は、組織犯罪対策課、通称「マル暴」から飛ばされてきた刑事・架川英児とコンビを組む羽目に。風貌も言動もまるで極道のような架川に困惑しつつも捜査を進めていたある日、蓮見は架川に重大な秘密を知られてしまう。
マル暴復帰のため手柄を立てたい架川と、ある目的を果たしたい蓮見、異色バディの捜査が始まる!
「俺のマル暴仕込みの捜査とお前の推理力があれば最強だ」。
「メゾン・ド・ポリス」の著者入魂、警察小説新シリーズ!

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322012000518/

★シリーズ続刊『警視庁アウトサイダー2』、『警視庁アウトサイダー3』、『警視庁アウトサイダー The second act 1』、『警視庁アウトサイダー The second act 2』、『警視庁アウトサイダー The second act 3』(すべて角川文庫)もフェア対象!

俺は法律というメスを駆使し人を治療する。元医師で弁護士の鷹野和也、登場

正義の天秤
著者:大門剛明



【2023年5月にTVドラマ第2弾放送】
名門・師団坂法律事務所。しかし創設者を喪って以来、事務所の経営は下降の一途。創設者の娘で弁護士の芽依は、助っ人として、元医師で弁護士の鷹野和也を海外から招聘する。ほっとした矢先、鷹野は事務所を「診断」し、無能な弁護士を「切除」すると宣言。しかも死刑求刑不可避な裁判で、死刑を回避すると言い出し、交差点に突っこんで死傷者を出した男の弁護に挑む。新時代を切り拓く、絶対的に面白いリーガル・ミステリ。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000241/

★シリーズ続刊『正義の天秤 アイギスの盾』、『正義の天秤 毒樹の果実』(いずれも角川文庫)もフェア対象!

事件現場に赤ちゃん出動!? 育児も謎解きも全力の新感覚本格ミステリ

育休刑事
著者:似鳥 鶏



【2023年4月にテレビドラマ化】
捜査一課の巡査部長、事件に遭遇しましたが育休中であります! 男性刑事として初めての1年間の育児休暇中、生後3ヶ月の息子を連れているのに、トラブル体質の姉のせいで今日も事件に巻き込まれ―!?

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322103000583/

2023年に読まれた本はコレだ!KADOKAWA  THEベストフェア ~ミステリー&サスペンス編~

期間:2023年12月1日(金)~2023年12月21日(木)

※フェアの実施期間および対象書目の配信状況については、電子書店によって異なる場合があります。


<実施予定電子書店>
BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Amebaマンガ
eBookJapan
紀伊國屋書店Kinoppy
google Play ブックス
コミックシーモア
DMMブックス
dブック
ブックパス
BookLive!
honto
music.jp
U-NEXT
楽天Kobo電子書籍ストア
ReaderStore


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年3月号

2月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP