menu
menu

ニュース

第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞選考結果のお知らせ

 本日4月27日(木)、午後4時よりホテルニューオータニ「紀尾井 なだ万」にて第43回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(主催=KADOKAWA)の選考会が行われました。応募総数437作品の中から最終選考に残った4作品のうち、選考委員の審査により下記のように「大賞」が決定しました。

【大賞】(正賞 金田一耕助像 副賞 賞金300万円)

『をんごく』露野目ナキロ(つゆのめ なきろ) (大阪府箕面市出身)

選考委員: 綾辻行人、有栖川有栖、黒川博行、辻村深月、道尾秀介、米澤穂信 (敬称略、左より50音順)


※選考委員近影 綾辻氏、黒川氏、辻村氏、道尾氏: 撮影/ホンゴユウジ 、米澤氏 :撮影/干川 修

※今回より選考委員に米澤穂信氏が加わりました

同時に「読者賞」並びに、今回より新設しました「カクヨム賞」も発表され、以下のように決定いたしました。※『をんごく』はトリプル受賞となります。

【読者賞】(正賞、副賞ともになし)

『をんごく』露野目ナキロ(つゆのめ なきろ) (大阪府箕面市出身)

※【読者賞】は一般から選ばれたモニター審査員により最も多く支持された作品に与えられます。

【カクヨム賞】(賞品:iPad Pro 12.9 inch Wi-Fi 256GB+Apple Magic Keyboard)

『をんごく』露野目ナキロ(つゆのめ なきろ)  (大阪府箕面市出身)

※新設された【カクヨム賞】は、Web小説サイト「カクヨム」上で公開された最終候補作から、「カクヨム」ユーザーによって選ばれた作品に与えられます。

賞の贈呈式および祝賀パーティーは、2023年11月に都内にて、〈山田風太郎賞〉〈小説 野性時代 新人賞〉と合同で開催する予定です。選評は「小説 野性時代」7月号(6月25日配信)に掲載する予定です。
受賞作は単行本として、2023年10月にKADOKAWAより刊行する予定です。
■公式サイト https://awards.kadobun.jp/yokomizo/

第43回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞 受賞作梗概

【大賞】【読者賞】【カクヨム賞】『をんごく』露野目ナキロ(つゆのめ なきろ)

大正時代末期。画家の古瀬壮一郎は、関東大震災をきっかけに故郷の大阪・船場へ戻り、怪我が原因の病で妻の倭子を喪う。倭子の死を受け容れられない壮一郎は、四天王寺に住む巫女に、倭子の霊を降ろしてもらうよう依頼する。しかし、巫女は彼女の霊が降ろしにくく、「奥さんは普通の霊とは違う」と警告する。その後、壮一郎の住む船場の家で異変が起こりはじめる。怪現象は、帰ってきた倭子の霊が起こしているのか? それとも――。

著者略歴

露野目ナキロ(つゆのめ なきろ) ※ペンネーム
大阪府箕面市出身、大阪府大阪市在住。イギリス・ニューカッスル大学大学院修士課程修了。現在会社員。

横溝正史ミステリ&ホラー大賞について

KADOKAWAの新人文学賞として、ともに四半世紀以上の歴史を持つ「横溝正史ミステリ大賞(第38回まで)」と「日本ホラー小説大賞(第25回まで)」。この2つを統合し、ミステリとホラーの2大ジャンルを対象とした新たな新人文学賞として2018年2月に創設しました。(※横溝正史ミステリ大賞の回数を通算し、第39回からといたしました。)
50余年にわたり推理・探偵小説を精力的に執筆し続け、また怪奇・ホラー小説にも親和性が高い横溝正史氏の名を冠し、エンタテインメント性にあふれた、新たなミステリ小説またはホラー小説を募集します。

●対象: 広義のミステリ小説、又は、広義のホラー小説。年齢・プロアマは不問。ただし未発表の作品に限る。
●規定: 1枚あたり40字×40行で換算して、75枚以上150枚以内 手書き原稿不可
(400字詰め原稿用紙換算で、300枚以上600枚以内)

《本件に関するお問い合わせ先》
KADOKAWA 〈横溝正史ミステリ&ホラー大賞〉事務局
奥村勝也 okumura-kat@kadokawa.jp / 070-1514-5758
TEL:03-3238-8543 〒102-8177東京都千代田区富士見2-13-3


MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.013

4月26日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP