menu
menu

メッセージ

角川文庫は2023年、75周年を迎えます。

節目の年も、そうじゃない年も。
どんなときも、誰かのたいせつな物語を、
生み出し続けてきました。

角川文庫を開いてみてください。
1冊ごとに刻んできた発刊番号が、
角川文庫のこれまでの歩みです。

これからも、一歩一歩、
75年分の歴史も、明日からの毎日も、
あなたに寄り添う物語を、
あなたの人生を彩るエンターテインメントを、
あなたを励ますひとことを、
誰かとつながる喜びをお届けします。

いつも、あなたの一歩とともに。



NEWS




75周年書き下ろし企画



  • 訪れたアパートの住人は、全員“元犯罪者”だった。心を抉る衝撃サスペンス

    残像

    • 著者 伊岡瞬
    • 発売日 2023年9月22日
    • 定価 1056円(本体960円 + 税)

    累計50万部突破『代償』の著者渾身。角川文庫75周年記念、文庫書き下ろし!

    浪人生の堀部一平は、バイト先で倒れた葛城に付き添い、自宅アパートを訪れた。
    そこでは、晴子、夏樹、多恵という年代もバラバラな女性3人と小学生の冬馬が、共同生活を送っていた。
    他人同士の生活を奇妙に感じた一平は冬馬から、女性3人ともに前科があると聞く。
    一方、政治家の息子・吉井恭一は、執拗に送られてくる、過去を断罪する写真に苦悩していた。
    身を寄せ合う晴子たちの目的、そして水面下で蠢く企ての行方は――。

    暗い過去への復讐を描いた、心震わす衝撃のサスペンスミステリ!


    「信頼、裏切り、後悔、敬愛、憎悪、憧れ、友情、希望。
     そんなあれこれをぎっしり詰め込みました」
     ――伊岡瞬

    累計50万部突破『代償』の著者渾身。角川文庫75周年記念、文庫書き下ろし!

    浪人生の堀部一平は、バイト先で倒れた葛城に付き添い、自宅アパートを訪れた。
    そこでは、晴子、夏樹、多恵という年代もバラバラな女性3人と小学生の冬馬が、共同生活を送っていた。
    他人同士の生活を奇妙に感じた一平は冬馬から、女性3人ともに前科があると聞く。
    一方、政治家の息子・吉井恭一は、執拗に送られてくる、過去を断罪する写真に苦悩していた。
    身を寄せ合う晴子たちの目的、そして水面下で蠢く企ての行方は――。

    暗い過去への復讐を描いた、心震わす衝撃のサスペンスミステリ!


    「信頼、裏切り、後悔、敬愛、憎悪、憧れ、友情、希望。
     そんなあれこれをぎっしり詰め込みました」
     ――伊岡瞬




角川文庫の歴史


1949

1950

1953

1977

1979

1981

1984

1989

1998

2001

2006

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

2022

2023

角川文庫創刊75周年

角川文庫創刊75周年ロゴ