ものすごく美人というわけでもなく、勉強ができるわけでもない、どこにでもいるフツーの女の子が、どう生きていったらいいのか。『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』はサイバラ流のサバイバル術を語り下ろしたエッセイ。そこには、巣立ちの時を迎えた子どもたちへの思いが詰まっていた。
西原 理恵子

西原 理恵子

この本が、女の子が人生で転んでもまた立ち上がるためのセーフティネットになってくれたら嬉しい。

──西原理恵子さんの新刊『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は、母から娘へ語っておきたかったサイバラ流の生きる智恵が詰まった一冊です。

西原:「本の旅人」で、おばちゃんたちの人生相談『スナックさいばら おんなのけものみち』を連載していた時に思ったんです。若い娘さんたちが夢見ている未来とおばちゃんたちのくぐり抜けてきた現実って、天と地ほども違う。それこそ大人になる時にビッグバンが起こって、惑星が限りなく軌道をズレていくみたいに枝分かれしていくんだなって。女の子って、自分が絶世の美女じゃないって気がつくのにも時間がかかるんですよ。二十歳過ぎても〝アタシ、イケてる〟って勘違いしてるブスとか平気でいますから。〝またコクられちゃった〟って浮かれてるのは本人だけ、いや、それ、単にヤラせてくれるからだけですって。それで四十、五十になってドン詰まっていたりする。

そのくらい自分の現実を認めるのにも時間がかかる、と。

西原:十四歳くらいで、いきなり髪染めちゃったり何かやらかす子が多いのは、それまでプリンセスやアイドルを夢見ていた子たちがだいたいその年頃に〝あれ?〟って思い始めるかららしいですよ。それくらい他者と自分を客観的に比較できるようになるって難しいことなんです。男の子は社会に出て、すぐ世間に冷たくされることで自分の身の丈に気づけたりするけど、女の子はとりあえず若いってだけでちやほやされるぶん、なかなか気づけなかったりする。それで四十、五十になってからどうしようって嘆いたって、もう誰も助けてくれませんから。生きていれば、人は必ず転ぶんです。大事なのは転んだ時の立ち上がり方で、きれいごとのアドバイスじゃ役に立たないことがある。子どもを抱えてから困る、離婚してから困る、別れられないから困る、いろんな困り方があるけど、その時にどうすればいいのか、知らないと大ケガすることになる。

──身動きとれなくなってからじゃ遅い、とにかく次の一手を打てるようにしておけというのは、本の中でも繰り返し語られています。

西原:それは私自身が逃げ遅れたからです。鴨ちゃん(当時の夫)が酔って毎晩暴言を吐くようになったのは、長男が生まれてすぐのことで、いいところもいっぱいある人だったのに、〝なんで? どうして?〟と思ってるうちに、結局離婚するまで六年もかかってしまった。人って壊れるんですよ。どんなにいい人でも変わってしまうことがある。若い時はそれがわからなくて、一度は好きになった相手だと思うとなかなか手を離せなかったりする。この間、同窓会に行ったら、夫がリストラされて、だんだんお酒を飲むようになって、しまいには暴力を振るうようになったから熟年離婚したという人が何人もいました。長年連れ添った真面目なお父ちゃんでもそうなることがあるんだから、結婚する前にダメな男かどうかを見抜けと言ったってムリなんです。私の母親の世代は、それでも我慢する女、耐える女がエライと褒められたけど、冗談じゃないですよね。うちの母親も、いまだにそれで思い出し怒りしてますから。たとえ殴られていなくても、あなたの人格を否定されるようなことを言われたり、やられたりしたら、それはもう暴力なんです。暴力からは、とにかく逃げてください。そういう時はあとさき考えずに逃げていいんですよ。私もそうでしたけど、まさかという事態に直面すると、人ってフリーズして、まともな判断ができなくなるんです。だから前もって知識を身につけておくこと、ちゃんと対策を立てておくことが必要で、この本がそのセーフティネットになってくれたら嬉しいですね。

書籍

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

西原 理恵子

定価 1188円(本体1100円+税)

発売日:2017年6月2日

ネット書店で購入する

    書籍

    『本の旅人』2017年6月号

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2017年5月27日

    ネット書店で購入する